喫茶店・カフェがコーヒー豆を自家焙煎するメリット

客席や営業時間が決まっているわけですから、提供できるカップコーヒーの杯数には限度があります。それに、店舗が繁盛すれば、少ない人数で運営することができなくなるので、人件費コストが増大します。 店舗への来客数は、天候など、様々な事情に左右されま…

スプラウツ・ファーマーズ・マーケット/ Sprouts Farmers Market

現在(2016年)のアメリカですが、ローカルフードムーブメントの真っ只中にあるのだと思います。ローカルフードブームメントの火付け役は、都市近郊のファーマーズマーケットだと言われています。

コーヒーはさらに進化する、植物性ホワイトコーヒーに注目!!

ブルータス「おいしいコーヒーの教科書2019」より引用 乳製品以外の牛乳の人気が高まっているとのことです。そして、その人気が、コーヒーの楽しみ方にも影響を与え始めています。 小生のような高齢の珈琲屋は、コーヒーと言えばブラックコーヒーしか考…

アフィリエイトでは稼げない、でもデジタル商品(珈琲アフィリエイト)で稼ぎ続けたい

珈琲アフリエイトで稼ぎたいと、ここ数年考え続けていました。珈琲アフリエイトでまあまあ稼げていたのは、一昨年(2018年)の夏の終わり頃から昨年(2019年)の春先頃までの間だけでした。多い月で10万円近く、少ない月でも5万円くらい稼げていまし…

インストアショッピングからアウトストアショッピングへ、昔ながらの軒先店舗を今風の窓型軒先店舗に改装・改築しました。

新型コロナウィルス感染症予防対策を目的として、昔ながらのインストアショッピング型軒先店舗を今風のアウトストアショッピング型軒先店舗に改築・改装しました。

日本フードサービス協会発表5月の外食産業市場動向調査、新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いている

2020年6月25日に発表された日本フードサービス協会の外食産業データによると、2020年5月の外食産業の売上は前年同月と比べて約30%減少しています。 外食産業の置かれている状況は、2020年4月に引き続き、緊急事態宣言発令に伴う営業時間…

68歳の珈琲親父には、サードウェーブコーヒーは似合わない

67歳の珈琲親父には、サードウェーブコーヒーは似合わない。しかし、サードェーブコーヒーが登場したから、今でも珈琲豆焙煎屋商売を続けられています。

初歩コーヒー豆自宅焙煎のすすめ(ホームロースト入門)

年老いた珈琲豆焙煎屋は、地方の中核都市・和歌山市で零細生業パパママ経営の自家焙煎珈琲豆小売専門店「エカワ珈琲店」を営んでいます。 そのエカワ珈琲店に、時々、コーヒー生豆を購入したいという方がやって来ます。どう利用するのかと聞くと、自宅でコー…

米国スターバックスコーヒーが喫茶店舗を400店閉鎖、テイクアウト専門店舗を300店開店

世界最大の喫茶店チェーン「スターバックスコーヒー」に関して、北米大陸にあるアメリカ合衆国とカナダの店舗を最大400店舗閉鎖して、テイクアウト専門店舗を約300店舗開店させると報じられています。(CNNニュース、2020年6月11日) 新型コロナ…

新型コロナウィルス感染予防、日本フードサービス協会作成した飲食店の衛生対策ガイドライン

外食産業の業界団体「一般社団法人日本フードサービス協会」は、お客様に安心して外食を楽しんで頂くためには、外食産業に携わる人々の健康管理と各店舗の衛生管理の徹底が必要不可欠だとして、新型コロナウィルス感染予防対策の指針となる衛生管理のガイド…

2020年版、焙煎コーヒー豆粉砕の科学101

コーヒーの抽出では、焙煎コーヒー豆をミルなどの器械で粉砕して(挽き裂いて)小さな粒子に変えるという前処理を必ずしています。 理由は、焙煎コーヒー豆の姿のままだと大きすぎて、コーヒー成分抽出に向いていないからです。 ただし、焙煎コーヒー豆を粉砕…

コーヒーが廻り世界史が廻る | 中公新書、著者は臼井隆一郎さん

ドイツ文学者の臼井隆一郎(うすいりゅういちろう)さんの作品(ノンフィクション)で、日本で発行された珈琲関係書籍の中では、おそらく、最も多くの人が読んでいるベストセラー本で、30年近くの長きにわたって読み継がれているロングセラー本、それが「コー…

エカワ珈琲店のショッピングサイトは「おちゃのこネット」で作っています。

エカワ珈琲店自前のショッピングサイトは、クラウド型ショッピングサイト作成システム「おちゃのこネット」を利用して作っています。 おちゃのこネットを利用し始めたのは2000年代の中頃で、お手頃価格でショッピングサイトが作れるということで飛びつい…

街の小さな喫茶店は複業ビジネス業態を目指す

新型コロナウィルス感染症を心配しないで暮らせるようにならない限り、個人経営の小さな喫茶店が生き残って行くには、コーヒー豆の自家焙煎が必須事項だと年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。 3つの密を避けて社会的距離を確保できている店舗、新型コロナ…

エカワ珈琲店のホームページはJimdo(ジンドゥー)で作成しています

エカワ珈琲店のホームページ「珈琲情報館」は、Jimdo(ジンドゥー)のクラウド型ホームページ作成サービスを利用しています。 ジンドゥークリエイター Pro プランを使っていて、ekawacoffee.jp のドメイン使用料込みの年間利用料金は約1万8000円ですが…