年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

和歌山市のお城の近くで、エカワ珈琲店という屋号の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいます。30年の歴史を持っていますが、今も昔も、夫婦2人だけで営む零細生業パパママ店のままです。そのエカワ珈琲店が発信する珈琲ニュースレターです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

珈琲ビジネスが急速に変化している | オンラインでの競い合いが始まっている

焙煎コーヒー豆を販売する珈琲ビジネスですが、急速に変化しているように感じられます。 スマートフォンが登場して、インターネットが社会インフレの地位を確立して、デジタルが日常風景となっています。 多くの珈琲会社やコーヒー豆自家焙煎店は、消費者の…

【エカワ珈琲店物語】月間100kg~150㎏の焙煎コーヒー豆を売る自家焙煎コーヒー豆店オーナーの独り言

上の写真は、焙煎コーヒー豆を月間150kg売る自家焙煎コーヒー豆小売店のコーヒー生豆在庫です。(写真に写っていない場所で、もう少し在庫を持っています。) エカワ珈琲店の場合、常時、400~500kg(焙煎コーヒー豆販売量の3か月分)のコーヒー生…

昭和喫茶店流、完璧なアイスコーヒーの作り方、それは『急冷する方法』

アイスコーヒーの作り方には、「急冷する方法」と「作り置きする方法」があるのだと思います。ただ、「作り置きした」アイスコーヒーは、どうしても香りの減少や液体の酸化と言う問題から逃れることができません。

【コーヒー豆焙煎の品質変換速度】年老いた珈琲豆焙煎屋の独断と偏見によるコーヒー豆焙煎反応速度論・焙煎プロファイル論の記事案内(紹介)

年老いた珈琲豆焙煎屋が、小型業務用ドラムロースターを使ってコーヒー豆を自家焙煎するようになって大体30年が経過しています。 コーヒー豆の自家焙煎を開始した頃、コーヒー豆焙煎の指標とされていたのは、コーヒー豆表面の色で煎り具合を判断する『焙煎…

【アマゾン好評販売中】深味のブレンド/100g×3袋=300g、アイスでもホットでもエスプレッソでも美味

アイスコーヒーでもホットコーヒーでもエスプレッソコーヒーでも、美味しく味わって頂けると思います。ほろ苦さとコク、それとコーヒーの甘味を感じて頂けると思います。 『深味のブレンド/100g×3袋=合計300g、豆の姿形のままでお届け』は、ヤマト…

世界の有名レストラン・有名ホテル界隈のコーヒーがプレミアム化している

レストランやホテルは、地域で頑張っている自家焙煎コーヒー豆店の有力なパートナーになる可能性があると考えています。 世界各国の有名レストランが提供するコーヒーは、ここ数年で大きく様変わりしているようですから、おそらく近い将来、日本のホテルやレ…

急冷で1杯分のアイスコーヒーを作るのに必要なもの、ドリッパーとサーバーとペーパーフィルター

急冷で1杯分のアイスコーヒーを作るのに必要なものは、コーヒードリッパー(1~2杯用)とサーバー(300cc)とペーパーフィルター(101)です。 年老いた珈琲豆焙煎屋は、カリタ社製のコーヒードリッパーとサーバーとペーパーフィルターを使っています。…

ドリップコーヒーバッグを使って美味しいコーヒーを淹れる方法 | キーコーヒーのドリップオンを使って説明します

ドリップコーヒーバッグは、袋に1杯分のコーヒー粉がパックされていて、その袋(バッグ)をカップの縁に引掛けてお湯を注げば1杯分のコーヒーを淹れられる構造になっています。 ドリップコーヒーバックは、大手・中堅珈琲会社だけに限らず、街中の小さな自家…

キーコーヒーのドリップオン、アマゾンで買えます | キーコーヒーのコーヒー商品

ドリップコーヒーバッグは1杯分のコーヒーの粉がパックされたものです。バッグをカップの縁にかければ、お湯を注ぐだけでコーヒーが完成します。そのため、フィルターやドリッパーを使う必要がありません。セットするだけで簡単にコーヒーを楽しむことができ…

焙煎温度と焙煎時間と焙煎プロファイル(ローストプロファイル)

コーヒー生豆やそこに含まれている成分を、コーヒー豆温度と焙煎時間で制御しながら化学的・物理的に変化させて、完成品としての焙煎コーヒー豆を作り上げるプロセスがコーヒー豆の焙煎だと考えています。

2021年版、エカワ珈琲店のコーヒー生豆購入先探しの旅

エカワ珈琲店の場合、コーヒー生豆を生産国で買いつけて輸入しているわけでは無くて、コーヒー生豆を輸入している総合商社や、比較的に規模の小さなコーヒー生豆専門商社、それにフェアトレード関係の団体・会社、あるいはコーヒー生豆の二次問屋さんからコ…

UCCのカプセル式コーヒーマシーン、ドリップポッド | DRIP PODとカプセル式コーヒーは日本式ドリップコーヒーの淹れ方を採用している

専用のコーヒーマシーンとカプセルコーヒーを用意すれば、簡単で便利に1杯のコーヒーを淹れられるのが、カプセル方式のドリップコーヒーです。 カプセル方式のドリップコーヒーについては、ネスプレッソやキューリングが世界的に有名ですが、日本では、それ…

昭和の喫茶店流コーヒーの淹れ方、サイフォン式コーヒー

サイフォンは、1800年代の前半、ヨーロッパで考えだされたガラス製のコーヒー抽出器具です。 上の筒状のロート部分と、下の球状のフラスコ部分、2つのガラス部分で構成されていて、丸い形(円計)をした小さな布フィルターを付けたろ過フィルター(ろ過器)…

アイスコーヒーは香りの飲み物

アイスコーヒーは苦味を堪能する飲み物ではなくて、香りを楽しむ飲み物だと考えています。 コーヒーのコクを感じさせる甘味と香りが最大化して、苦味と酸味をできるだけ押えた焙煎コーヒー豆を使ってアイスコーヒーを淹れたとき、経験から、最も美味しいアイ…

珈琲ビジネス、ブランドが闊歩している

チェーン系の喫茶店は繁盛していて、独立系(個人経営の店を含めて)の喫茶店は苦戦しているのが、地方都市の喫茶店・カフェ事情です。 そのような光景を見るにつけ、コーヒーはブランドの時代に突入していると感じるようになっている今日この頃です。