珈琲市場ではブランドが闊歩している。だから今、石井淳蔵さんの「ブランド、価値の創造」を読まなければ

現代社会の富は「膨大な商品の集積(マルクスの資本論)」ではなく、「膨大なブランドの集積」として現れる。高級品から日用品まで、ブランドでない商品は見つけにくい。単なる商品名にすぎないブランドが、何故価値をもつのか。そして、究極のブランドとは何…

エカワ珈琲店の一日 | コーヒー豆自家焙煎店、平成の30年間で様変わり

自家焙煎コーヒー豆小売専門店と脱サラ 年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦2人だけで営んでいるエカワ珈琲店は、地方の中核都市で和歌山県の県庁所在地である和歌山市に立地しています。 自家焙煎コーヒー豆小売専門店を細々と開始したのは、1989年の夏(平成元年…

幾つかある焙煎コーヒー豆販売チャンネルの中で、インターネット通販(オンライン通販)がダントツに成長している

業務卸や店舗小売り、食品スーパーなど、幾つかある焙煎コーヒー豆販売チャンネルの中で、インターネット通販が断トツの伸びを示しているようです。

ラクスルを利用する焙煎コーヒー豆販促チラシ作成顛末記

激安・格安印刷通販のラクスルを、初めて利用しました。 焙煎コーヒー豆の販促チラシを1000枚注文して、A4サイズ・片面カラーで、配達料金込みで大体2000円でした。(注文から1週間くらいで配達されるタイプの印刷) 印刷デザインは、ラクスルのサ…

ハニープロセス(Honey Process)、コスタリカ発の新しいコーヒー豆生産方法

何故、コーヒー豆の精製処理が必要なのか コーヒーノキになるコーヒー果実がどのような栽培条件で育って、いつ収穫されて、どのように精製処理されて商品としてのコーヒー豆(生豆)になるかは、コーヒーの価値を大きく作用します。 特に、コーヒー豆精製処理…

初歩コーヒー豆焙煎の教科書

収穫して精製処理して乾燥させたコーヒー生豆は、水分が除去されて小石のように固形化して堅くなっています。ですから、長い保存期間と輸送期間に耐えることができるわけです。 この石のように固形化して堅くなっているコーヒー豆を利用するには、強い熱作用…

コーヒー豆自家焙煎の難易度

30年に及ぶコーヒー豆自家焙煎経験から、コーヒー豆焙煎は、それほど難しいテクニックを必要としない技術だと考えています。 コーヒー豆焙煎容量1kg~5kgの業務用小型焙煎機を使ってのコーヒー豆焙煎ですが、それほど難しい作業では無いと、自家焙煎…

セブン&アイ、白やぎ珈琲店、喫茶店は儲かるビジネス?

昔から、喫茶店ビジネスは立地商売で装置ビジネスだと言われているわけですから、個人営業の喫茶店の大半は儲けられなくて、喫茶店チェーンが儲けられるのは、当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

アマゾンのブラックフライデー2019

11月22日(金)午前9時~11月24日(日)午後11時59分まで、アマゾン日本のブラックフライデーキャンペーンが実施されます。 期間中にアマゾンの全商品の中から1万円以上の買い物をすると、抽選で5000ポイントが5000名に、100ポイントが…

地方都市の自家焙煎コーヒー豆店は儲けられない

大都市と地方都市とでは商売のあり方が相当に異なっているので、大都市に立地する自家焙煎コーヒー豆店のことはわかりませんが、地方都市に立地する自家焙煎コーヒー豆店は儲けられない商売だと思います。 今後、少しは儲けられる商売へと変化して行くだろう…

Cold brew coffee (コールドブリューコーヒー/水出しコーヒー)とは

コールドブリューコーヒー(Cold brew coffee)は、冷水を使って時間を費やしてゆっくりとコーヒー成分を抽出したコーヒーで、日本で「水出しコーヒー」と呼んでいるコーヒーを、アメリカでは、Cold brew coffee (コールドブリューコーヒー)と呼んでいるのだと…

コーヒービジネスはブランドビジネス

チェーン系の喫茶店は繁盛していて、独立系(個人経営の店を含めて)の喫茶店は苦戦しているのが、地方都市の喫茶店・カフェ事情です。 そのような光景を見るにつけ、コーヒーはブランドの時代に突入していると感じるようになっている今日この頃です。

マルチロースターショップ(Multi-Roaster-Shops)の利点と問題点

コーヒーにある程度の興味を持っている人なら、もしかしたら、マルチロースターショップ(Multi-Roaster-Shops)という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 一般的に、コーヒーにこだわる喫茶店はコーヒー豆自家焙煎を選択します。これは、日本でもアメリ…

我が街、コーヒー豆焙煎の香りが漂う城下町

和歌山城周辺は、間違いなく和歌山市の中心市街地だと思います。 その和歌山城周辺ですが、行政が中心となって、中心市街地活性化に向けて様々な取り組みがなされています。しかし、和歌山城周辺の商業活動は、かつての繁盛を取り戻していません。というより…

コーヒー産業30年間の軌跡 | 街の珈琲屋が経験したコーヒー産業の30年

和歌山市のエカワ珈琲店は、年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が2人だけで営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店(零細生業店)です。 先代が、「純喫茶コロナ」という屋号の喫茶店を営んでいたのですが、閑古鳥が鳴くようになっていて、昭和から平成へと年号がかわ…