年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

【アマゾンで好評販売中】ブラジルのコーヒー

フェアトレード(FLO)認証を受けているスペシャリティーコーヒーを生産している小農家の集まりであるアプロセム農協のコーヒー生豆を使って、コーヒー豆自家焙煎店歴30年のエカワ珈琲店が、時間を費やして丁寧に焙煎加工しています。 アプロセム農協は、持続可能な農業を目指しているのはもちろんですが、フルーティーな風味と平均カップスコア80~85を維持するクォリティーの高いコーヒー豆を出荷していることで知られています。(今回のコーヒー豆は、それよりもスコアが少し落ちます) エカワ珈琲店は、アプロセム農協のコーヒー豆を、エカワ珈琲店独自の基準で中煎りの煎り具合に焙煎しています。 優しい味わいの香味を楽しんで頂けると思います。