年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋が非定期的に発信する珈琲ニュースレター。このブログサイトの収益源は、掲載されるクリック広告とアマゾンからの成果報酬、有料記事販売です。しかし、赤字ではありませんが、手に出来ている小遣いは僅かです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

不幸せなフリーランスにさよならして幸せなフリーランスを目指す方法

年老いた珈琲豆焙煎屋は、地方都市で自家焙煎コーヒー豆小売専門店を夫婦2人だけで細々と営んでいます。

もう彼此30年以上、自家焙煎コーヒー豆小売商売を続けていますが、今も昔も、昔ながらの生業商売を続けています。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦の営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店ですが、「食べて行ければ」という生業商売を営んでいるわけですから、商売人は商売人でも、自分で自分を雇用している自己雇用者(フリーランス)タイプの商売人です。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋ですが、脱サラして30年、最初のころ、経営者を目指したこともありましたが、それは数年で諦めてセミリタイア、それからの20数年は、食べて行くための生業商売を続けて来ました。ようするに、フリーランス(自己雇用者)生活を続けて来たわけです。

 

脱サラして、その後セミリタイアして、生業商売を営むフリーランスとなって20数年、その最初の10数年間は、幸せなフリーランスだと感じたことは、あまり無かったような気がします。(そのうちの数年間は、幸せなフリーランスだったかもしれません)

2000年代の10年間は、そのほとんどの期間、不幸せなフリーランス生活を体験して来ました。

邪魔者は叩き潰すという、旧態依然たるビジネスに巻き込まれてしまって、長い間、幸せなフリーランスを目指す方法を忘れてしまっていたような気がします。

 

 

f:id:ekawa:20190130164817p:plain

自営業者=フリーランス

楽しく働いて、それなりの収入を手にすることができて、初めて、幸せなフリーランスになることができるのだと思います。でも、現在の地方都市で、そのような幸せなフリーランス生活を送れる商売人は、数えるだけのような気もします。

年老いた珈琲豆焙煎屋ですが、これまでの経験から、幸せなフリーランスとなるには、それなりの努力・鍛錬が必要だと考えるようになっています。 

 

自分だけが頼りで誰にも頼れないフリーランス(自己雇用者)は、安定した職場で働いて安定した収入を得ている労働者よりも、少なくとも2倍、できれば3倍~4倍の収入が必要だと思います。そうでなければ、経済的に不幸せなフリーランスになってしまいます。

収入が平均的な労働者の2倍~3倍ならば、不幸せなフリーランスでは無いと思いますが、幸せなフリーランスでもありません。

経済的に幸せなフリーランスになるには、平均的な労働者の4倍~5倍の収入が必要だと考えます。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋は、何年か前までは、大手・中堅、中規模コーヒー会社と価格競争を演じている不幸なフリーランスの商売人でした。

ロープライスで仕事を得たとしても、貧乏暇なしの状態になってしまって、スキルや技術を磨く時間が無くなってしまって、ロープライスでしか仕事を確保できなくなってしまいます。(大手珈琲会社などの仕掛けた罠にはまってしまいます)

 

幸せなフリーランスになる方法は、知識・経験(スキル)を積み重ねて、より良い技術を修得する努力を積み重ねることしか無いような気がします。

そのために全力を投入していることを市場が理解してくれて、高く評価してくれたなら、幸せなフリーランスになる道が開かれると、希望的かもしれませんが、年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋の場合、還暦を迎える少し前頃から、ようやくにして、不幸せなフリーランスにさよならして、幸せなフリーランスへの道を歩めるようになった気がします。

それまでの知識・経験(スキル)・技術の積み重ねが効果を発揮し始めて、適正価格で商品・サービスを提供できるようになって、売上は少し減少したのですが、付加価値の頂戴できる商売をしているので、生活をエンジョイできる時間も、知識・経験(スキル)・技術を磨く時間も十分に確保できています。

 

まだまだ、市場の理解度や評価が不足しているのだと思います。理想とする収入(or収益)には手が届いていません。

色々な事情が重なって、思うように働け無かったこともありますが、コーヒー豆焙煎の知識・経験(スキル)・技術と自家焙煎コーヒー豆を売り捌く知識・経験(スキル)・技術の両方で、もう少し上を目指す必要があるのかもしれないと考えている今日この頃です。