年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

コーヒー情報記事を専門にエントリーしているブログです。年老いた珈琲豆焙煎屋の稼ぎ頭のブログです。

空きページ

20世紀版、エカワ珈琲店の珈琲読本、(第1章)コーヒーノキ/前遍

食品の一番重要な成分、それは水です。 肉・野菜・果実といった生体そのものの食品には、水の存在が不可欠です。 ご飯・かまぼこ・パンなどは、加水されてゲル状になっている食品です。 ハチミツ・コーヒー・砂糖水のように、水溶液や懸濁液となっている食品…

いつも飲んでいるコーヒーの色は、コーヒーメラノイジンで作られている

このページの記事は、修正と書き足しをして、下のリンク先ページで公開しています。 www.ekawacoffee.work 上のリンク先ページの記事は、2024年1月20日に公開しました。 このページは、2024年4月1日以降に削除する予定です。

コーヒー豆自家焙煎談義シリーズ、好評発売中!!

朝、起きて直ぐに飲むコーヒーと、夜、風呂を済ませてから飲むコーヒーとでは、同じコーヒー豆を使って同じように淹れたコーヒーでも、香味が違うように感じられます。 朝と夜で、コーヒーを淹れる時・飲む時の周囲の環境が、それほど変化するわけでもないの…

昔考えた、焙煎コーヒー豆の出来栄えを検査する方法

コーヒー豆の煎り加減が深くなるほど、焙煎時間が長くなるほど水分が失われるので、コーヒー豆の重量は減少して行くわけです。また、焙煎コーヒー豆の大きさ(体積)は、コーヒー生豆のときの体積(大木さ)の1.5~2倍くらいになります。

食材を分子レベルで解析する時代が、もうすぐやって来るようです

この記事は削除しました。 このページも、2024年3月末までには削除する予定です。