年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

年老いた珈琲豆焙煎屋は、コーヒー豆の自家焙煎技術の難易度はそれほど高くないと考えています。

30年に及ぶコーヒー豆自家焙煎経験から、コーヒー豆の焙煎作業は、それほど難しいテクニックを必要としない技術だと考えています。コーヒー豆自家焙煎の難易度はそれほど高くないと考えています。

コーヒー豆焙煎容量1kg~5kgの業務用小型焙煎機を使ってのコーヒー豆焙煎ですが、それほど難しい作業では無いと考えているわけです。コーヒー豆自家焙煎への参入障壁は、それほど高くないと考えているわけです。

f:id:ekawa:20200830091846j:plain


2020年版、初歩コーヒー豆焙煎の教科書のページを読んでみて下さい。もしかしたら、コーヒー豆の焙煎はそれほど難しくないということを納得できると思います。。

ついでに、初歩コーヒー豆自宅焙煎のすすめ(ホームロースト入門)も読んでみてください。さらに、コーヒー豆の焙煎がそれほど難しい技術で無いことを実感できます。

そして、コーヒー豆の焙煎に興味が出て来たなら、10万円以内で購入できる家庭用コーヒー豆焙煎機を購入して自家焙煎の真似事をすることもできます。

年老いた珈琲豆焙煎屋のこれまでの経験から、コーヒー豆自家焙煎技術は深く突き詰めなければ、それほど難しくない技術で、煎りたての自家焙煎コーヒー豆なら、それなりに美味しく味わえると考えています。

難しいのは、自家焙煎コーヒー豆を売る技術だと考えています。

地方都市の小さなコーヒー豆自家焙煎店はどのような仕事をしているのだろうかを読んでみてください。自家焙煎コーヒー豆小売専門店が、どのような仕事をしているのか知って頂けるかもしれません。

 

この記事の続きは、noteに投稿している記事 「コーヒー豆自家焙煎技術の難易度はそれほど高くない」で読んで頂けます。

この記事の続きは、下の【目次】に関する記事です。読むのに100円を支払って頂くタイプの有料記事ですが、よろしければ・・・。

⇒ コーヒー豆自家焙煎技術の難易度はそれほど高くない(noteに投稿している記事)

【目次】

(1)ホームローストを経験していれば

(2)コーヒー豆焙煎機の操作方法は

(3)コーヒー豆焙煎を独学でマスターする自信がなければ 

(4)天才焙煎士など馬鹿げている

(5)コーヒー豆自家焙煎店の営業形態