コーヒー豆自家焙煎の難易度

30年に及ぶコーヒー豆自家焙煎経験から、コーヒー豆焙煎は、それほど難しいテクニックを必要としない技術だと考えています。コーヒー豆自家焙煎の難易度は低いと、自家焙煎歴30年の年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。

コーヒー豆焙煎容量1kg~5kgの業務用小型焙煎機を使ってのコーヒー豆焙煎ですが、それほど難しい作業では無いと考えているわけです。コーヒー豆自家焙煎への参入障壁は、低いと思います。

f:id:ekawa:20071021151034j:plain

 

www.ekawacoffee.work

ホームローストを経験していれば

コーヒー豆自家焙煎が使っている生産用小型コーヒー豆焙煎機(コーヒー豆焙煎容量数百g~5kgくらい)でのコーヒー豆焙煎ですが、フライパンやポップコーン用焙煎鍋、数万円~10万円くらいで購入できる趣味用小型電動焙煎機を使ってコーヒー豆焙煎を経験していれば、それほど難しい作業では無いと、コーヒー豆自家焙煎歴30年の年老いた珈琲豆焙煎屋は考えているわけです。

ポップコーンポッパー Whirley Pop (Red)スターターキット付

ポップコーンポッパー Whirley Pop (Red)スターターキット付

 

www.ekawacoffee.work

 

焙煎機の操作方法は

生産用小型コーヒー豆焙煎機の操作方法は、焙煎機メーカーの有料コーヒー豆焙煎セミナーを受講すれば簡単に覚えられます。(昔は、焙煎機メーカーの社員さんが無料で教えてくれました)

ホームローストの経験があって珈琲に興味を持っている方なら、有料セミナーを受講しなくても独学で比較的簡単に焙煎機の操作方法を取得できると思います。

そして、オンラインや書籍でコーヒー豆焙煎に関する情報を収集して、見様見真似でコーヒー豆焙煎に挑戦したとしても、それなりの焙煎コーヒー豆に仕上げることができるはずです。

www.ekawacoffee.work

 

独学でマスターする自信がなければ 

独学でコーヒー豆焙煎をマスターする自信が無ければ、焙煎セミナーを受講して自信をつけるという方法もあります。

受講する焙煎セミナーは、当たりはずれの無い、名前が知られているコーヒー豆自家焙煎店の主催するセミナーが無難だと思います。

焙煎セミナーに参加することで、コーヒー豆焙煎に興味を持つ人と知り合いなれて、情報交換ができるようになるかもしれません。

 

天才焙煎士など馬鹿げている

もちろん、コーヒー豆焙煎に天賦の才など必要が無いわけで、神がかり的な「天才焙煎士」などという宣伝文句を真に受けるのは馬鹿げています。

小型生産用コーヒー豆焙煎機の基本的な操作方法をマスターして(簡単に取得できます)、コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応を理解しるのが焙煎の基本だと思います。

いくらコーヒー豆焙煎の天賦の才がある人が存在するとしても、コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応を学習せずして自然に頭に浮かんでくる何て、コーヒー豆自家焙煎歴30年の年老いた珈琲豆焙煎屋には信じることができません。

コーヒー豆を焙煎するのに才能など必要であるはずが無くて、必要なのは「経験」と「努力」だと、この道30年の年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。

www.ekawacoffee.work

 

コーヒー豆自家焙煎店の営業形態

コーヒー豆自家焙煎店の営業形態として、

(1)自家焙煎した焙煎コーヒー豆を自店でのみ消費する、

(2)喫茶店で自家焙煎コーヒー豆を小売する、

(3)自家焙煎コーヒー豆小売に特化する、

という3つのタイプがあるのだと思います。

(1)と(2)は、喫茶店や飲食店の営業許可や、手作りケーキのテイクアウト販売をする場合は菓子製造販売の営業許可が必要ですが、自家焙煎コーヒー豆の焙煎加工や小売販売(or卸販売)を営むのに許可は必要ありません。

www.ekawacoffee.work