焙煎コーヒー豆は豆のままで保存しておいて、コーヒーを淹れる直前に挽くのがベスト

焙煎して1週間~2週間以内の焙煎コーヒー豆を購入して、日の当たらない場所にて密閉容器で適正に保管しておいて、コーヒーを淹れる直前に焙煎コーヒー豆を適正に(焙煎コーヒー豆の焙煎日からの日数やコーヒーの淹れ方に合わせるように)粉砕して、使用する水の比率に適合する量(適正量)の焙煎コーヒー豆粉砕物を使ってコーヒーを淹れるのが、家でコーヒーを楽しむための基本要件だと考えています。

ということで、年老いた珈琲豆焙煎屋の考える焙煎コーヒー豆粉砕の基本ルールは、以下の3点です。

f:id:ekawa:20200310182636j:plain

コーヒーを淹れる直前に焙煎コーヒー豆を挽く

あらかじめ粉砕してある焙煎コーヒー豆粉砕物(粉or顆粒)を適正に保管しておいて、コーヒーを淹れる直前に挽く(粉砕する)のが基本だと考えています。

焙煎コーヒー豆に存在する香り成分を吸い込んだコーヒーオイルは、空気に触れると酸化して行きます。焙煎コーヒー豆を粉砕すると、この酸化スピードが速くなります。また、コーヒーオイルが焙煎コーヒー粉砕物(粉or顆粒)の外のニオイを吸収する可能性が高くなります。

 

焙煎コーヒー豆の粉砕サイズをコーヒーの淹れ方に合わせる

好みのコーヒーを味わうには、使用するコーヒー抽出器具に応じて、あるいは、コーヒーの淹れ方(醸造方法)や焙煎日らの日にちの経過程度に応じて、焙煎コーヒー豆の挽き具合(焙煎コーヒー粉or顆粒のサイズ)に変化をつける必要があると考えています。

例えば、フレンチプレスやパーコレーターで淹れる時には「粗挽き」で、コーヒーメーカーで淹れる時には「中挽き」、エスプレッソコーヒーを淹れる時には「細挽き」というように、抽出器具に合わせて挽き具合を変化させます。

あるいは、焙煎日からそれほど日にちの経過していない焙煎コーヒー豆を使ってハンドドリップでコーヒーを淹れるなら「粗挽き」に限ります。しかし、焙煎日から2週間~3週間経過しているなら「やや粗挽き」、焙煎日から1か月くらい経過しているなら「中挽き」・・・と、コーヒー豆を焙煎した日からの日数経過の違いによって、煎り具合を調整する必要があると考えています。

ということで、焙煎コーヒー豆を豆のままで保存しておいて、使用する直前に挽く(粉砕)すれば、焙煎コーヒー豆粉砕物の粒子を使用する抽出(醸造)器具に適した挽き具合に調整することができます。

また、薄めのコーヒーが好みなら「粗挽き」、濃いめのコーヒーが好みなら「細挽き」というように、好みに応じた挽き具合に調整することも可能になります。

 

コーヒーを淹れるのに必要な量だけの焙煎コーヒー豆を挽く

コーヒーの抽出においてですが、使用する焙煎コーヒー豆粉砕物の量と抽出に使用する水の量の比率は、大筋で決まっています。

コーヒーを淹れるときには、その大筋に従って、コーヒーを淹れるのに使う抽出器具や焙煎コーヒー豆の焙煎日からの経過日数、それにコーヒーの味の好みなどに合わせて、焙煎コーヒー豆の挽き具合を適時調整するという方法で対応するのがベターだと年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。

それに、焙煎コーヒー豆粉砕物(粉or顆粒)で保存しておくと、コーヒーオイルの劣化スピードが速くなって、それにプラスして、揮発性の香り成分の消失スピードも速くなります。

 

関連ストーリー

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店「エカワ珈琲店」は、カリタの業務用コーヒーミルのお世話になっています。

www.ekawacoffee.work

焙煎コーヒー豆の挽き具合は、コーヒーの淹れ方(or抽出方法)に影響を与えます。

www.ekawacoffee.work