年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

スターバックスコーヒーが展開するコーヒー豆を自家焙煎する高級喫茶店

ハフィントンポスト日本版(2015年11月23日)で、アメリカ・シアトルの「コーヒー豆を自家焙煎している高級喫茶店」が紹介されています。

「スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム」という店名の、スターバックスコーヒーの店舗です。

f:id:ekawa:20150830141034j:plain

 

アメリカでは、喫茶店、レストラン、ベーカリーショップ、食品スーパーなどで、コーヒー豆を自家焙煎する店やチェーンが増えつつあるのだと思います。

それが、アメリカで始まっているコーヒーの新しい波なのかもしれません。

 

日本でも、コーヒー豆を自家焙煎するロースタリーカフェが増えています。

和歌山県内の中紀と呼ばれている地域には、高速焙煎機を店頭に設置してコーヒー豆を自家焙煎しているスーパーマーケット(和歌山資本で売上第2位のスーパーチェーン)も存在しています。

 

高級食品スーパーのホールフーズが、ローカルロースターのコーヒーを販促の目玉商品に使っているのがアメリカです。

日本にも、近い将来、そのような時代がやって来るかもしれません。

現実に、九州の佐賀県にローカルなコーヒー豆焙煎屋さんのコーヒーを売り物にしている先端的な食品スーパーも登場しています。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営む自家焙煎コーヒー豆小売専門店は、64歳の夫と55歳の妻の2人だけで営んでいる零細生業パパママ店ですが、喫茶店、レストラン、ベーカリーショップ、食品スーパーなどのコーヒー豆自家焙煎需要に対して、ある程度のレベルまでなら対応できる能力を持っているつもりです。

しかし、パパママ経営のコーヒー豆自家焙煎店が、食品小売チェーンの店舗や生協の商品棚に自家焙煎コーヒー豆を並べてもらえるはずがありません

理由は、営業ができないからと、食品小売チェーンや生協の様々な要請にこたえることが無理だからです。

 

ということで、高齢者が営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店の場合、食品小売チェーンの店舗や生協の商品棚に自家焙煎コーヒー豆を並べてもらうことも、喫茶店・レストラン・ベーカリーショップ・地元の物産店舗などに自家焙煎コーヒー豆を並べてもらうことは無理だと思います。また、並べてもらいたいとも、考えていません。

しかし、若い世代の人が営むコーヒー豆自家焙煎店なら、前者は無理かもしれませんが、後者には対応できるはずです。