年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

和歌山市のお城の近くで、エカワ珈琲店という屋号の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいます。30年の歴史を持っていますが、今も昔も、夫婦2人だけで営む零細生業パパママ店のままです。そのエカワ珈琲店が発信する珈琲ニュースレターです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

家庭用コーヒー豆焙煎機、ジェネカフェ Gene Cafe、珈琲問屋楽天市場店で購入できる!!

200g~300gのコーヒー生豆を焙煎することができる電動焙煎機ジェネカフェ(Gene Cafe )が、コーヒー愛好家の間で世界的に人気を博しているようです。

アメリカで人気のこの焙煎機ですが、最近では、日本仕様のGene Cafe(ジェネカフェ)が、アマゾンでも、楽天でも、Yahoo!ショッピングでも売られています。

 

2016年頃、アメリカの珈琲屋さん「Sweet Maria's 」さんのサイトで販売していたGene Cafe (ジェネカフェ)の価格は585ドルだったわけですが、日本仕様のGene Cafe (ジェネカフェ)は輸入経費が上乗せされていて、約8万円~9万円くらいで売られているようです。

価格が安い場合、チャフコレクター(焙煎中のチャフを分離収集する器具)が別売りになっている場合もあるので、購入時に確認しておく必要があると思います。

この電動焙煎機の特徴は、チャフを分離できて焙煎温度を調節しながら焙煎できて、冷却も出来るそうですから、人気があるのも当たり前なのかもしれません。

 


コーヒー焙煎機 ジェネカフェ Gene Cafe

 

年老いた珈琲豆焙煎屋は、エカワ珈琲店という屋号の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいるのですが、まともなサンプルロースターを持っていません。

Gene Cafe (ジェネカフェ)なら、大豆やピーナツやアーモンドを焙煎することができるかもしれません。

焙煎した大豆をコーヒーミルで細かく粉砕して、「自家製きなこ」を作ってみたいと以前から考えていました。

 

もし、自宅でピーナツやアーモンドの焙煎や「自家製きなこ」を作る人が増えたなら、ピーナツやアーモンド、それに大豆の生豆を小売販売することも可能かもしれません。

ということで、サンプルロースターとして、Gene Cafe (ジェネカフェ)を1台購入しようかと考えていたこともあります。(今も、サンプルロースター候補の1つになっています。)

 

家庭用コーヒー豆焙煎機ジェネカフェを購入するなら、後々の事を考えれば信頼度の高い珈琲屋さんで購入するのがベストの選択だと年老いた珈琲豆焙煎屋は考えます。

楽天市場に出店している珈琲問屋さんは、間違いなく信頼度の高い珈琲屋さんだと考えられます。

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいるエカワ珈琲店と、事業規模は月とスッポンの違いがありますが、30年前は、事業規模に開きはありましたが、同業の自家焙煎コーヒー豆小売店で、商売の仕方を参考にさせてもらったこともあります。

下の商品リンクは、その珈琲問屋さんが楽天市場に出品しているジェネカフェのページにリンクしています。 

Gene Cafe ジェネカフェ Coffee Bean Roaster コーヒービーンロースター Black 黒 CBR-101 JPN 熱風3D回転 電動焙煎機

価格:83,600円
(2021/3/6 18:57時点)
感想(4件)

 

【参考記事】  

下のリンク先ページの記事は、noteで有料販売している記事の紹介記事です。興味があれば・・・。

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work