コーヒー豆の焙煎を簡単に表現すると

コーヒー生豆の化学的・物理的な特性を、焙煎コーヒー豆特有の化学的・物理的な特性に変換させるのが焙煎という作業なのだと思います。

コーヒー豆の焙煎とは、コーヒー生豆に熱を加えて膨らませて、コーヒー独特の風味を作り出す作業なのだとエカワ珈琲店は考えています。

 

加熱によって、コーヒー生豆の密度を変化させて化学的な成分変化を引き起こして、コーヒー豆の色・味・香りを変化させます。

コーヒー生豆には、焙煎したコーヒー豆と同じように、酸・タンパク質・カフェインが含まれています。しかし、香味がありません。

 

コーヒー生豆に熱を加えることで、メイラード反応・カラメル化反応などの化学反応が発生すると考えられています。

それらの化学反応によって、コーヒー独特の色・味・香り・風味が作り出されているのだと思います。