年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

何故、コーヒー豆を焙煎するのだろうか

家庭・職場・喫茶店で飲んでいるコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して、その焙煎コーヒー豆を粉砕した顆粒(or粉)を使って醸造しています。

コーヒー豆は、コーヒーノキに成る果実の種です。その種が乾燥して小石のように堅くなっているのがコーヒー豆で、そのコーヒー豆に熱を加えて、茶色(or褐色)に変色させるプロセスを焙煎と呼んでいます。 

 

f:id:ekawa:20181202141126p:plain

コーヒー豆のままでは香りも味もありませんが、焙煎という加熱処理を経ることで、コーヒー特有の色・香り・味が引き出されます。

コーヒー豆を加熱することで、化学反応が促進されて、コーヒー豆に含まれている成分が、コーヒー特有の色・香り・味を構成する成分に変化して行きます。

 

基本となる焙煎プロファイルに沿ってコーヒー豆を焙煎すれば、それなりの焙煎コーヒー豆が出来上がります。

データだけに依存するコーヒー豆の焙煎は、平均的な焙煎コーヒー豆を作り出します。それにプラスして、コーヒー豆焙煎職人の知識・経験・技術、それに感覚を駆使することで、平均以上の焙煎コーヒー豆を作り出すことができると考えています。

 

一般的に、焙煎コーヒー豆の煎り具合(焙煎度)は、大雑把にですが、4つのカテゴリーに分類されています。しかし、統一的な基準は存在していません。

その4つのカデゴリーとは、カッピング向けのライトロースト(浅煎り)、アメリカでのスペシャリティーコーヒーの一般的な煎り具合であるミディアムロースト(中煎り)、年老いた珈琲豆焙煎屋好みのミディアムダークロースト(中深煎り)、それにウィーンロースト、フレンチロースト、イタリアンローストなどのダークロースト(深煎り)です。

ちなみに、年老いた珈琲豆焙煎屋の許容できる深煎りは、ウィーンローストまでの煎り具合です。

 

この記事の要点、次の3点です。

(1)何故、コーヒー豆を焙煎する必要があるのか 

(2)コーヒー豆の焙煎は、科学と感覚を駆使する創造活動です

(3)焙煎コーヒー豆の煎り具合は、個人の感覚判断で決まる

 

この記事は、note で有料公開している記事とある地方都市で零細な珈琲豆自家焙煎店を営んでいる珈琲屋の親父が、コーヒー豆の自家焙煎について語りますの中に収載している何故、コーヒー豆を焙煎するのだろうかのダイジェスト版です。

 

正規版は、note にて読んで頂けます。よろしければ、100円を寄付のつもりで読んでもらえれば幸いです。(合計4本、6000字以上の記事を読んで頂けます)

とある地方都市で零細な珈琲豆自家焙煎店を営んでいる珈琲屋の親父が、コーヒー豆の自家焙煎について語ります

 

また、noteマガジン にて1000円で販売している『年老いた珈琲豆焙煎屋のコーヒー豆焙煎覚書(第1集)』にも収録しています。

年老いた珈琲豆焙煎屋のコーヒー豆焙煎覚書(第1集)

 

note の『ある地方都市で零細な珈琲豆自家焙煎店を営んでいる珈琲屋の親父が、コーヒー豆の自家焙煎について語ります』には、以下の4本の記事を収載しています。

 

(1)コーヒー豆の焙煎を簡単に表現すると|プロにとってのコーヒー豆焙煎

ダイジェスト版⇒コチラで読んで頂けます

(2)とある地方都市で零細な珈琲豆自家焙煎店を営んでいる珈琲屋の親父がコーヒー豆の自家焙煎について語ります

ダイジェスト版⇒コチラで読んで頂けます

(3)何故、コーヒー豆を焙煎するのだろうか

ダイジェスト版⇒コチラで読んで頂けます

(4)焙煎コーヒー豆の焙煎度

ダイジェスト版⇒コチラで読んで頂けます