【珈琲物語】年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

注目度、上昇中のカテゴリー

 コーヒー豆自家焙煎商売 

 

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか【ポプラ新書、川島良彰】

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書) を読んだのは、もう数年前の事です。

2015年秋に発行された本で、年老いた珈琲豆焙煎屋は、2015年12月にアマゾンで印刷された新書版を購入して、2016年の正月に読んでいた記憶が残っています。

 

値段の安いコンビニコーヒーが値段の高い高級ホテルのコーヒーよりも、何故美味しいのか、その内容が知りたくて「コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書) 」を購入して読んだのですが、その理由はいとも簡単明瞭でした。

コンビニコーヒーは挽きたて淹れたてで、高級ホテルのコーヒーは作り置きしたコーヒーで、その作り置きしたコーヒーを保温しているからだと説明していました。

年老いた珈琲豆焙煎屋のようなコーヒー豆自家焙煎の仕事で食べている者には、至極当然の理由だったのを覚えています。

 

『コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか』という本のタイトルにつられて購入したのですが、本の内容は、著者・川島良彰さんのコーヒー経験に基づくコーヒーの話で占められていました。

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書)の目次の部分を以下に引用すると・・・

【本の目次】

はじめに なぜ、日本人は並んでまでコーヒーを飲むのか
第一章 コンビニと高級ホテル、コーヒーの価格の差はなぜ生まれるのか
第二章 まずいコーヒーには理由がある
第三章 品質基準を明確にし、品質のピラミッドを作る
第四章 なぜ、JALのコーヒーが世界一になったのか
第五章 生産者と消費者は対等なパートナー
終 章 コーヒー屋ほど面白い商売はない
対 談 コーヒー市場が成熟するには

 

著者の川島良彰さんは、元UCCの社員で実家は静岡県を拠点とするのコーヒーロースター「コーヒーのかわしま」で、エルサルバドルでコーヒーの仕事に従事した後、スカウトされてUCC上島珈琲に就職、51歳でUCC上島珈琲を退職して株式会社ミカフェートを設立した方です。

 

 

 

これまで世界中を旅してきて、日本ほど抽出方法が豊富な市場は見たことがありません。10年ほど前、アメリカのコーヒー関係者にサイフォンでコーヒーを抽出して見せたところ、これは科学だと驚いていたほどです。
しかも、アメリカで人気のサードウェーブですが、それはまだまだ大都市に限定されています。日本のように、各地で本格的なサイフォンやネルドリップの専門店があるのとはわけが違います。他方、日本でもいくつかの大きな波がありました。

まずは、ファーストウェーブ。これは、1950年代に戦中から止まっていたコーヒーの輸入が再開され、日本のコーヒー市場が活性化した1960年代頃だと思います。

そして、1970年代から始まった喫茶店ブームがセカンドウェーブです。こだわりのコーヒーを淹れるマスターがいるコーヒー専門店が日本の随所に見られました。

しかし、バブルによる家賃高騰で喫茶店文化は終焉を迎え、取って代わったのが1990年代のチェーン店の展開とシアトル系の日本上陸、そして自家焙煎ブーム。これが、日本のサードウェーブです。

そして、ここ数年、活況を呈しているのが、コンビニエンスストアで提供される淹れたてコーヒーです。コンビニの100円コーヒーが引き起こした大きな波が、日本に於けるフォースウェーブと言えるのではないでしょうか。今、コンビニコーヒーは、日本のコーヒーのトレンドを読む上で、見逃せない存在になっています。

こうして、コーヒーがより身近になり、コーヒーを飲む人が増えるのは実に嬉しいことです。しかし、まだまだ本当のコーヒーのおいしさが伝わっているとは言いかねます。原料の重要さ、正しい豆の選び方、抽出方法が広く伝わっていないとも感じています。

 

 

世界的な「コーヒーハンター」が説くコーヒーの最新事情と奥深き世界! コンビニコーヒーと高級ホテルや高級レストランのコーヒーでは、なぜ約10倍もの価格差が生まれるのか。 そこに日本のコーヒー業界が長年抱える大きな課題があった。 コーヒーを取り巻く世界の状況から日本独特の「コーヒー進化」、そしてコーヒーの美味しい淹れ方まで、その魅力をまるごと一冊に!  (はじめにより) 世界中に、日本ほど抽出方法が豊富な市場は見たことがありません。 10年ほど前、アメリカのコーヒー関係者にサイフォンでコーヒーを抽出して見せたところ、これは科学だと驚いていたほどです。 アメリカで人気のサードウェーブですが、それはまだまだ大都市に限定されています。 日本のように、各地で本格的なサイフォンやネルドリップの専門店があるのとはわけが違います。 他方、日本でもいくつかの大きな波がありました。 まずは、ファーストウェーブ。 これは、1950年代に戦中から止まっていたコーヒーの輸入が再開され、日本のコーヒー市場が活性化した1960年代。 そして、1970年代から始まった喫茶店ブームがセカンドウェーブ。 こだわりのコーヒーを淹れるマスターがいるコーヒー専門店が日本の随所に見られました。 しかし、バブルによる家賃高騰で喫茶店文化は終焉を迎え、取って代わったのが1990年代のチェーン店の展開とシアトル系の日本上陸、そして自家焙煎ブーム。 これが、日本のサードウェーブです。 

そして、ここ数年、活況を呈しているのが、コンビニコーヒーです。 これがフォースウェーブと言えるのではないでしょうか。 今、コンビニコーヒーは、日本のコーヒーのトレンドを読む上で、見逃せない存在になっています。

 こうして、コーヒーがより身近になり、コーヒーを飲む人が増えるのは実に嬉しいことです。 しかし、まだまだ本当のコーヒーのおいしさが伝わっているとは言いかねます。 原料の重要さ、正しい豆の選び方、抽出方法が広く伝わっていないとも感じています。 本書では、日本のコーヒーの現状とどのように変わっているのかを述べていきます。