コスタリカ産コーヒー豆に関する真実、生豆・焙煎・淹れ方etc

コスタリカは、世界で最高品質のアラビカ種のコーヒー豆を生産する国として知られています。

国土を東西に横切っている山脈の山麓や高原地帯(中央山岳地域)がコーヒー生産地域で、中米諸国の先頭を切ってコーヒー生産を軌道に乗せた歴史を持ち、その後も栽培・精製技術の革新や作業機械の導入を積極的に行って来ています。

コスタリカ産のコーヒー豆は、世界最高品質のフレーバープロファイルを持っているとも言われていて、ヨーロッパ・アメリカ・アジアのコーヒー愛好家の絶大な支持を受けています。

ALL ABOUT COFFEE コーヒーのすべて (角川ソフィア文庫)

ALL ABOUT COFFEE コーヒーのすべて (角川ソフィア文庫)

 

 

コスタリカコーヒーの歴史

1779年にキューバからコーヒーノキが持ち込まれると、コスタリカの理想的な栽培条件のもと順調に生産量を増やして行き、ヨーロッパやアメリカへの輸出も順調に増えて行きました。 

コスタリカは、中南米諸国の先頭を切ってコーヒー生産を軌道に乗せた国で、小規模自作農がコーヒー生産の中核を担っていると言われています。

 

コスタリカコーヒーの産地

f:id:ekawa:20191129114937p:plain

www.roblesabanacoffee.com

コスタリカ中部の山岳地帯では、素晴らしいコーヒー豆が生産されています。

コスタリカのコーヒー生産地で知られているのは、セントラルバレー、トレス・リオス、トゥルアルバ、ブルンカ、グゥアナカステ、ダラス、オロシ、ウェストバレーの8つの産地です。 

コスタリカコーヒーの始まりは、標高が高くて土壌が火山性で天候にも恵まれた 、コスタリカの首都サンホセが位置するセントラルバレーからです。

コスタリカ産のコーヒーで最も人気のあるのは、ダラス地方で生産されるコーヒー豆です。コスタリカ産コーヒーの3分の1を生産していると言われています。

 

コスタリカ産コーヒー豆の精製方法 

どのような栽培条件で育ち、いつ収穫されて、どのように精製されたかは、コーヒー豆の品質価値を大きく左右すると言われています。特に、精製処理工程は、一杯のコーヒーの風味・香りに大きな影響を及ぼすと言われています。

コスタリカ産コーヒー豆は、ウォッシュド(水洗式)、アンウォッシュド(自然乾燥式|非水洗式) 、それとコスタリカで開発された半水洗式のパルプナチュラルに分類できるハニー精製という3つの精製方法のどれかで精製加工処理されています。

ハニー精製は、コスタリカで開発されたパルプドナチュラルに分類されるコーヒー豆精製方法です。果実部分をできるだけ長い間残しておいて、果実が除去される前に、果実からできるだけ多くの風味をコーヒー豆が受け取れるコーヒー豆精製方法だと言われています。 

 

コスタリカではロブスタ種を栽培できない

コスタリカでは、1989年、アラビカ種のコーヒーノキ栽培を奨励する目的で、ロブスタ種のコーヒーノキを栽培することが禁止れています。

ですから、コスタリカの農家は、アラビカ種のコーヒーノキのみを栽培しています。

 

コスタリカのコーヒー産業

コスタリカは、毎年7万数千トンくらいのコーヒー豆を生産していて、その90%を輸出しています。しかし、世界のコーヒー貿易に占める割合は1%くらいです。

コスタリカの全人口の約1割がコーヒー産業に関与していて、コスタリカのコーヒー農家は、小規模なプライベートミルであるマイクロミルを導入していると言われています。このマイクロミルが、コスタリカのコーヒー農家の経営を支えているとも言われています。

 

コスタリカ産コーヒー豆の焙煎

コスタリカ産コーヒー豆は、相当に幅広い煎り具合に対応できる汎用性の高いコーヒー豆です。

サードウェーブコーヒー的な浅煎り・中煎りの焙煎度合いから、年老いた珈琲豆焙煎屋の大好きな中深煎り・やや深煎りの焙煎度合い、あるいは、エスプレッソにも利用できる深煎りの焙煎度合い、それぞれの煎り具合(焙煎度)で、それぞれの特徴ある風味を作り出してくれます。

焙煎プロセスにおけるコントロールミスを覆い隠してくれるタイプのコーヒー豆ですから、焙煎初心者でも煎りやすいコーヒー豆だと思います。

浅煎り・中煎りの焙煎度合いでは、穏やかな酸味と甘みを感じる明るくてきれいなフレーバーが醸し出されます。

中深煎り・やや深煎りの焙煎度合いでは、心地よい苦味と微かな酸味、バランスの良い風味と果糖の甘味を感じるコーヒーを楽しめます。

深煎りの焙煎度合いでは、豊かなボディーと芳醇で滑らかな風味のコーヒーを楽しめます。

 

コスタリカ産コーヒーの淹れ方

ペーパーフィルターを使って淹れるなら、浅煎り・中煎り・中深煎り・やや深煎りの焙煎度合いが向いていると思います。

浅煎り・中煎りの焙煎度合いの焙煎コーヒー豆を使って、サードウェーブコーヒー的な、きれいでマイルドな酸味を強調するコーヒーを淹れるなら、ペーパーフィルター醸造は必須です。

コーヒーメーカーを使って淹れるなら、中深煎り・やや深煎りの焙煎コーヒー豆を使って淹れるのが良いと思います。

コスタリカコーヒーのコクと風味、それに甘味がバランス良く醸造されて来ます。

エスプレッソコーヒーを楽しむなら、やや深煎り・深煎りの焙煎コーヒー豆が向いていると思います。ミルクと混ぜると、まろやかな味わいのコーヒーが出来上がると思います。

 

チュリアドール | CHORREADOR

チュリアドール | CHORREADORは、コスタリカで使われている有名なコーヒー抽出器具で、基本的に布フィルターを使ってコーヒーを淹れるための抽出器具です。

wikipedia | チュリアドールの説明は・・・

チョレアドール(スペイン語: chorreador)はコスタリカで用いられるコーヒーの抽出器具。熱湯をコーヒー粉に染み込ませ、木製のスタンドの上の布のフィルターで濾過し、容器にドリップする