【珈琲物語】年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

【アマゾン出品中】エチオピア、モカ・イルガチェフェ、ウォッシュド(自家焙煎コーヒー豆)、100g×3袋=300g、豆の姿形のまま発送

エチオピアのイルガチェフェ地方で収穫・生産されるコーヒー豆は、世界中の珈琲屋さんの間で取り合いとなっている人気のコーヒー豆です。

特に、水洗式で精製処理しているイルガチェフェコーヒーの人気は絶大です。

エカワ珈琲店は、水洗式で精製処理しているイルガチェフェのコーヒー豆については、中深煎り(少しだけ深煎り)の焙煎度合いで焙煎加工しています。

水洗式のモカコーヒーですから、あの独特のモカフレーバーはありませんが、スッキリと透き通った心地よい風味と、ほろ苦さ、微かな甘みを楽しんで頂けると思います。

焙煎してから1週間以内の、新しくて鮮度の良い自家焙煎コーヒー豆をお届けします。 

ちなみに、最近は、ナチュラル方式(自然乾燥式で精製処理)のエチオピア・モカコーヒーも、高品質で高級なコーヒー豆も数多く登場していますが、その昔、エチオピア・モカコーヒーで高品質・高級と言えば、の水洗式で精製処理したエチオピア・モカ・イルガチェフェコーヒーでした。

 

【※】下のリンク先、アマゾンの商品ページから購入して頂けます。

 

【仕様】

(1)豆の姿形のままで、エチオピア・モカコーヒーの高級品、人気のイルガチェフェ地方で生産されるコーヒー豆を原料に使った自家焙煎コーヒー豆を100gずつ詰めた袋を3袋、合計300gをヤマトのネコポス便で、豆の姿形のままお届けする商品です。

(2)モカ・イルガチェフェの煎り具合は、エカワ珈琲店の基準で「中深煎り」です。

和歌山市のエカワ珈琲店が自家焙煎して、和歌山市のエカワ珈琲店から発送しています。

エチオピアのイルガチェフェ地方で生産されるコーヒー豆の持つフルーティーでしっかりとした酸味をエカワ珈琲店好み(フルーティーで弱くて柔らかい酸味)に調整して、心地よい風味と後味を楽しんで頂ける自家焙煎コーヒー豆に仕上げているつもりです。

(3)エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆のお召し上がり想定期間は、常温保存で約1か月です。

焙煎日は、自家焙煎コーヒー豆を詰めている袋に貼付しているラベルに記載しています。

できるだけ、焙煎日から日にちの経過していない、焙煎日から1週間以内の自家焙煎コーヒー豆を発送しています。

 

【参考】

この商品は、アマゾン限定商品です。アマゾンでのみ、この形式・この値段で販売しています。

 

【ちなみに】 

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆を使って、コーヒーを美味しく召し上がって頂ける目安期間は、タッパーウェアーなどに密閉した常温保存で、焙煎日から大体1か月くらいです。

また、自家焙煎したコーヒー豆は、経験から、常温保存で5日~10日くらい熟成させた方が美味しく召し上がって頂けると感じています。

自家焙煎コーヒー豆を冷凍庫保存する場合は、常温保存で1週間くらい熟成させてから冷凍保存するのが良いと考えています。

冷蔵庫保存する場合は、常温保存での熟成は必要が無いと考えています。

ただし、常温保存と違って冷蔵庫で保存すれば、自家焙煎コーヒー豆の熟成スピードがゆるやかになるので、常温保存の倍くらいの熟成日数が必要だと考えます。

 

 

【エカワ珈琲店のPR】

エカワ珈琲店は、70歳の夫と6Ⅰ歳の妻の2人だけで細々と営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店で、年齢が年齢ですから、生業商売に徹したコーヒー豆自家焙煎店商売をしていて、コーヒー豆の焙煎も70歳の夫と6Ⅰ歳の妻が交代して担当しています。

もちろん、自家焙煎コーヒー豆の通信販売も、生業商売流のオンライン珈琲商売をしているつもりです。

 

エカワ珈琲店で販売している自家焙煎コーヒー豆の煎り具合

『中煎り』・『中深煎り』・『深煎り』の3パターンの焙煎度合(煎り具合)の自家焙煎コーヒー豆を販売していますが、焙煎度合はエカワ珈琲店の独断と偏見で決定しています。

焙煎度(煎り具合)の決定には、焙煎コーヒー豆表面の色をほとんど考慮していません。

手づくり・少量焙煎の自家焙煎コーヒー豆ですから、焙煎中のコーヒー豆から聞こえてくるハゼ音(亀裂音)と焙煎時間を基準にして煎り具合(焙煎度合)を決定しています。

他のコーヒー豆自家焙煎店様やコーヒー豆焙煎会社様の商品とは、焙煎度合い(煎り具合)の表現の仕方が異なっています。