年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを、もしよろしければ・・・

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

【アマゾンで好評販売中】コロンビアのコーヒー(自家焙煎コーヒー豆)、100g×3袋=300g、豆の姿形のまま発送

コロンビアの太平洋側の南部に位置するナリーニョ県、そこの農協組織の一つ、アスプロニオン農協が生産するコーヒー豆を原料に使って、焙煎歴30年の年老いた珈琲豆焙煎屋が、30年間愛用している生産用小型コーヒー豆焙煎機(電動ガス式、焙煎最大容量5kg)を駆使して、手作業で時間を費やして丁寧に自家焙煎しています。

ハイコマーシャル品は幾つかの生産農家のコーヒー豆がブレンドされているので、スペシャリティーコーヒーには分類されていませんが、それに劣らない品質を持っていると思います。

ナリーニョ県の農協組織の一つであるアスプロニオン農協は、フェアトレード認証を2011年に取得していて、持続的農業を目指すコーヒー豆生産農家の集まりです。

 

【仕様】

(1)コロンビア、ナリーニョ県のアスプロニオン農協が生産するコーヒー生豆を、和歌山市のエカワ珈琲店が自家焙煎しています。煎り具合は、エカワ珈琲店の基準で「中煎り」です。

(2)豆の姿形のままで、自家焙煎コーヒー豆を100gずつ詰めた袋を3袋、合計300gの商品です。日にちが経過していても、焙煎日から10日以内の自家焙煎コーヒー豆を発送しています。

(3)ヤマトのネコポス便でお客様のポストまでお届けする商品です。ネコポス便でお届けするので、お買い上げ個数は1個限定とさせて頂いています。

(4)自家焙煎コーヒー豆の煎り具合は、エカワ珈琲店の基準で「中煎り」です。良質の切れの良い爽やかな酸味と切れの良い苦味、心地よい風味を楽しんで頂けると思います。

(5)エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆のお召し上がり想定期間は、常温保存で焙煎日から1か月くらいとさせて頂いています。焙煎日は、袋のラベルに記載しています。

 

【注意】

『コロンビアのコーヒー(自家焙煎コーヒー豆)、100g×3袋=300g、豆の姿形のまま発送』の商品は、アマゾン限定商品です。アマゾンでのみ、この形式・この値段で販売しています。 

 

【エカワ珈琲店のPR】

エカワ珈琲店は、69歳の夫と60歳の妻の2人だけで細々と営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店です。年齢が年齢ですから、生業商売に徹した珈琲商売をしているつもりです。

もちろん、自家焙煎コーヒー豆の遠隔販売も、生業商売流のオンライン珈琲商売をしているつもりです。