年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

和歌山市で洋菓子といえば、やっぱりカンサ洋菓子店 | 70歳、年老いた珈琲豆焙煎屋の残日録に移転しました

f:id:ekawa:20180927214711j:plain

年老いた珈琲豆焙煎屋は、昭和生まれの高齢者ですから、今流行りの焼き菓子も好きですが、スポンジにクリームやフルーツをデコレーションしている洋菓子が大好きです。

数ある和歌山市内の洋菓子店の中で、一番のお気に入りと言えば、和歌山市東高松のカンサ洋菓子店です。

カンサ洋菓子店のケーキや焼き菓子は、年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が2人だけで営んでいる自家焙煎コーヒー豆販売店「エカワ珈琲店」の自家焙煎コーヒー豆と相性は抜群です。

カンサ洋菓子店周辺には、昔からエカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆を贔屓にしてくれているお客さんが数多く居ます。

カンサの洋菓子とエカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆の相性が良いと思っているのは、年老いた珈琲豆焙煎屋だけでは無いようですから。

www.ekawacoffee.work

 

半世紀前、カンサ洋菓子店は、和菓子屋さんでした。

そのカンサ和菓子店の店の片隅で洋菓子の製造販売を開始したのは、年老いた珈琲豆焙煎屋の高校で1学年先輩のカンサ和菓子店の息子さんでした。

詳しくは、下のリンク先ページでご覧になって頂けます。 

www.ekawacoffee.xyz

 

 

tapdancerscoffee.com