【珈琲物語】年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

【アマゾン出品】らんらん♪自家焙煎コーヒー豆セット | 200g×3銘柄 | 宅急便でお届け

1990年代前半に脱サラして、母親が営んでいたコーヒー豆自家焙煎店を引き継いでから30年、当時は母親と二人で、今(2022年)は連れ合いと二人だけで細々と営んでいるコーヒー豆自家焙煎店、それがエカワ珈琲店です。

そんなこんなで、年老いた珈琲豆焙煎屋は、零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店経営のプロだと自負しています。

というようなエカワ珈琲店の自己紹介は、下のリンク先ページでご覧頂けます。

www.ekawacoffee.work

 

そのエカワ珈琲店が自家焙煎した焙煎コーヒー豆を、アマゾンで購入して頂けます。

2018年から、アマゾン・マーケットプレイスに出品しています。

この記事で紹介させて頂く「らんらん♪自家焙煎コーヒー豆セット | 200g×3銘柄(合計600g)」は、エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆を堪能して頂くのに最適なセット商品だと自負しているセット商品です。

 

【※】下のリンク先、アマゾンの商品ページから購入して頂けます。

 

「らんらん♪自家焙煎コーヒー豆セット | 200g×3銘柄(合計600g)」は、ヤマト運輸の宅急便『豆の姿形のまま』でお届けする商品です。

日曜日と祝日・祭日を除いて、午後1時(13時)までに注文して頂ければ、在庫切れなど特別な事が無い限りその日のうちに発送しています。

もちろん、発送は和歌山市のエカワ珈琲店の店舗から、お客様に直接お届けしています。

 

焙煎日から1週間以内の自家焙煎コーヒー豆3銘柄(100gずつ袋詰め)をお届けしています。

焙煎日から1週間以内の自家焙煎コーヒー豆銘柄を発送しているので、銘柄の選定は当店にお任せ頂いています。

 

「豆の姿形のまま」でお届けするので、コーヒーミルで粉砕してから使って頂く商品で、お届けする銘柄は当店にお任せ頂いています。

なお、当店の自家焙煎コーヒー豆のお召し上がり想定期間は、常温保存で焙煎日から1か月くらいです。

 

自家焙煎コーヒー豆の煎り具合

エカワ珈琲店では、『中煎り』・『中深煎り』・『深煎り』の3パターンの焙煎度合(煎り具合)の自家焙煎コーヒー豆を小売販売しています。

焙煎度(煎り具合)の決定には、焙煎コーヒー豆表面の色をほとんど考慮していません。

手づくり・少量焙煎の自家焙煎コーヒー豆ですから、焙煎中のコーヒー豆から聞こえてくるハゼ音(亀裂音)と焙煎時間を基準にして煎り具合(焙煎度合)を決定しています。

他のコーヒー豆自家焙煎店様やコーヒー豆焙煎会社様の商品とは、焙煎度合い(煎り具合)の表現の仕方がかなり異なっています。

ご了承、お願い申し上げます。

 

通販商品は、豆の姿形のままで販売している理由

焙煎日からそれほど日にちの経過していない新鮮な自家焙煎コーヒー豆ですから、粉に粉砕して袋詰めすると、自家焙煎コーヒー粉を詰めた袋が輸送中に膨らむので、荷造り袋も膨らみます。

そのような理由で、自家焙煎コーヒー豆を粉砕して包装すれば輸送に適さなくなるので、ネコポス便、宅急便での発送はできなくなってしまいます。

それが、「豆の姿形」のままで発送させて頂く理由です。

 

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆の値段が高い理由

エカワ珈琲店は、コーヒー豆焙煎の科学に関して、30年間に渡って「知識・経験・技術」を蓄積して来ています。

また、仕入れ価格の高いスペシャリティーコーヒー生豆を原料に使っています。

そして、パパママ経営で零細生業タイプのコーヒー豆自家焙煎店で、手づくり・丁寧・煎りたて新鮮・少量生産に徹してコーヒー豆を自家焙煎しています。

そのような理由で、これくらいの価格設定でなければ持続的に商売を続けることができなくなってしまいます。

ご容赦、お願い申し上げます。