年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

エカワ珈琲店の一日 | コーヒー豆自家焙煎店、平成の30年間で様変わり

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦2人だけで細々と営んでいるエカワ珈琲店は、和歌山県の県庁所在地である和歌山市に立地しています。

自家焙煎コーヒー豆小売専門店を開始したのは、1989年の夏(平成元年の8月)でした。その歴史を振り返ります。 

【目次】 

f:id:ekawa:20140130174723j:plain 

1989年夏、自家焙煎コーヒー豆小売商売開始

コーヒー豆自家焙煎に興味を持っていた年老いた珈琲豆焙煎屋の母親が、1989年の夏、出版社の学研が販売していた電気加熱の全自動式小型焙煎機を購入して、喫茶店から自家焙煎コーヒー豆小売店に商売替えしました。

 

1990年代の前半

その3年後、年老いた珈琲豆焙煎屋が脱サラ、自家焙煎コーヒー豆小売専門店を引き継ぎ、最高で5kgのコーヒー豆を焙煎できる小型生産用コーヒー豆焙煎機を購入して、本格的な自家焙煎コーヒー豆小売ビジネスを開始しました。

積極的な経営姿勢が功を奏したのか、2年くらいで月間400kg以上の自家焙煎コーヒー豆を売り捌くようになりました。

 

1990年代の中頃

予期せぬアクシデントが続いて、商売どころで無くなって、順調だった自家焙煎コーヒー豆小売商売も壊滅状態になります。

一度、壊滅状態になってしまうと、なかなか元に戻りません。自転車操業の日々が続きましたが、何んとかこの苦しい時期を乗り越えることができました。奇跡です。

 

1990年代の後半

1990年代後半、自家焙煎コーヒー豆を職場や家庭に配達する商売で、結構繁盛していました。

朝早くからお昼頃までコーヒー豆を自家焙煎して、お昼から夕方までは自家焙煎コーヒー豆の配達に走り回っていました。

薄利多売商売でしたが、それでも、今(2020年)から考えれば一番稼げていた時期だったかもしれません。

 

2000年代の前半

大手オフィスコーヒーサービス会社が進出して来て、瞬く間に、オフィス向け自家焙煎コーヒー豆販売量が激減、家庭向け自家焙煎コーヒー豆小売販売も、資金力のあるライバル店が登場してきて自家焙煎コーヒー豆の販売量が減少して行きました。

自家焙煎コーヒー豆の月間販売量は毎月平均300kgを何んとか維持していましたが、薄利多売ですから、下手をすれば赤字という状態になっていました。

 

2000年代の中頃

自前でホームページを作成、自家焙煎コーヒー豆の通信販売を始めていました。しかし、自家焙煎コーヒー豆の焙煎量は、毎年・毎年減少を続けていました。

夫婦2人だけの商売で、コーヒー豆の焙煎しながら、通信販売の荷造りをしながら、店舗兼工場兼住居の軒先店舗部分で自家焙煎コーヒー豆を小売していました。

 

2000年代の後半

家庭向け焙煎コーヒー豆市場が有望な市場になって来ると、大手・中堅珈琲ロースターの攻勢が始まります。

自家焙煎コーヒー豆の販売量も売上も、数年間で半減(月間150㎏くらいまで減少)してしまいました。

しかし、昭和の薄利多売ビジネスにしがみついていたので、台所は火の車でした。

 

2010年代前半~中頃

サードウェーブコーヒー現象の影響もあって、スペシャリティーコーヒーを強調するコーヒー豆自家焙煎店ブームが始まります。

生豆仕入れ先の都合で、スペシャリティーコーヒーと呼ばれるコーヒー生豆を仕入れていて、それが幸いしたのかもしれません。

小売価格を値上げしていたので、自家焙煎コーヒー豆の月間販売量が150kgくらいでも黒字を維持できます。

忙しくないので、夫婦2人とも、店舗奥の休憩室でダラダラとした日々を過ごしていました。 

 

2010年代中頃~後半 

2010年代の中頃、自家焙煎コーヒー豆小売ビジネスは順風満帆で、売上・販売量ともに上昇していました。

2016年1月、妻が緊急入院、零細生業パパママ店ですから商売は開店休業状態となります。それが、大体2年間続きました。

2018年の春頃になって、開店休業状態を脱出しましたが、自家焙煎コーヒー豆の販売量は月間100kg以下にまで減っていました。

広告宣伝に力を注いだ結果、自家焙煎コーヒー豆の販売量・売上ともに増加して行き、2019年12月、200kgの自家焙煎コーヒー豆を販売して約80万円の売上がありました。

  

30年間で様変わり

コーヒー豆自家焙煎店の世界ですが、平成のはじめ頃と平成の終わり頃との30年間で大きく様変わりしています。

しかし、年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦の店は、30年の間、紆余曲折はありましたが、自家焙煎コーヒー豆小売商売を続けているのですから、それなりに時代の流れについて行けていると自画自賛している今日この頃です。 

 

この記事は、noteに投稿している『年老いた珈琲豆焙煎屋の稼業 | コーヒー豆自家焙煎店、平成の30年間で様変わり』のダイジェスト版です。

正規版は、note にて100円で販売しています。

年老いた珈琲豆焙煎屋の稼業 | コーヒー豆自家焙煎店、平成の30年間で様変わり