アフィリエイトで稼げなくなるかも、でもデジタル商品(珈琲アフィリエイト)で稼ぎ続けたい

f:id:ekawa:20190325214934p:plain

はてなブログPROを利用しているので、10個のブログサイトが作れます。

メインブログは江川珈琲店の珈琲ブログですが、それ以外に珈琲用語集高齢者ですが年金だけでは食べて行けないので、という2つのサブブログも運営管理しています。(2019年8月25日の時点で)

以前(2019年3月末頃)、合計で5つのブログを運営管理していました。メインブログは『江川珈琲店の珈琲ブログ』で、サブブログは『珈琲用語集』・『高齢者ですが、年金だけでは食べて行けないので』・『珈琲ライブラリー』・『エカワ珈琲店の出来事』の4ブログです。

 

   

メインブログの記事をサブブログに再投稿

4つのサブブログを運営管理していた頃、珈琲用語集以外の3つのサブブログに掲載している記事のほとんどが、メインブログである江川珈琲店のブログに投稿した記事の再投稿(or再掲載)です。珈琲用語集にも一部再掲載記事を投稿しています。

珈琲用語集は珈琲専門用語の解説を専門に掲載しているブログですが、ページビューはほとんど検索流入に依存していて、今年(2019年)の3月の初め頃まで毎日300前後のアクセスがありました。

主として珈琲文化に関係する記事を再掲載している珈琲ライブラリーもページビューはほとんど検索流入に依存していて、今年の3月初め頃のアクセス数は、毎日150~200くらいありました。

 

アクセス数が減少している 

今年(2019年)3月中頃から、珈琲用語集珈琲ライブラリーも、毎日のアクセス数が半分くらいに減少しています。

同じころから、メインの江川珈琲店の珈琲ブログも、珈琲関係以外の記事を投稿している高齢者ですが年金だけでは食べて行けないのでも半分くらいのアクセス数に減少しています。

エカワ珈琲店の出来事のアクセス数だけ変化していませんが、もともと、毎日のアクセス数が10~30くらいのブログだったわけです。

 

アクセス数減少の原因

このアクセス数の減少ですか、3月が移動月で忙しいからだろうと思っていたのですが、たぱぞうの米国株投資さんの下の記事を読んでいて、googleの検索方法変更が影響していると合点しました。

 

年老いた珈琲屋の副業は 

年老いた珈琲屋(エカワ珈琲店)の複収入の一つが、アフィリエイト広告とクリック広告から得る収入です。珈琲アフリエイトで複収入を得ているわけです。

ブログのアクセス数大幅減少は、複収入の大幅減少を意味しています。それに、年老いた珈琲屋(エカワ珈琲店)のメインの仕事「焙煎コーヒー豆の通信販売」にも、ある程度影響してきます。

 

やはり珈琲アフリエイトで稼ぎたい

メインの仕事については、焙煎コーヒー豆の店頭販売に注力しようと考えていたので、焙煎コーヒー豆の通信販売が減少しても何とか帳尻を合わせられると考えています。

しかし、焙煎コーヒー豆の商いで稼ぐよりもデジタル商品の商い(珈琲アフィリエイト)で稼ぐほうが、何故か快感を覚えるわけです。

エカワ珈琲店の店主は67歳のロートルなブロガーですが、その快感を忘れることができません。そのような理由で、google検索と如何に相性が悪くても、何とかデジタル商品(珈琲アフィリエイト)で稼ぐ方法を探し出さなければと考えている今日この頃です。

 

追記/2019年8月16日

ブログサイトのドメインを変更したので

2019年4月、何も考えずに、メインブログ「江川珈琲店のブログ」を独自ドメインに変更しました。そうすると、googleアドセンスが使え無くなり、再申請する必要が生じました。

googleアドセンスを申請して再び使えるようになるのに、約1か月半くらいかかりました。また、独自ドメインに変更したので、アクセス数が大幅に減少しました。

独自ドメインに変更するということは、ブログサイトのアドレスを変更することを意味していたようです。

ekawacoffee.hatenablog.jp

HTTPをHTTPSに変更したら

軽い気持ちで、「珈琲用語集」のアドレスをHTTPからHTTPSに変更しました。

この変更では、googleアドセンスは継続できましたが、アクセス数は大幅に減少しました。やはり、これもブログサイトのアドレス変更を意味していたようです。(想像ですが)

 2019年8月16日現在、運営管理しているブログ

『江川珈琲店の珈琲ブログ』と『エカワ珈琲店の珈琲用語集』と『高齢者です。年金だけでは食べて行けないので働いています』の3つのブログサイトを運営管理しています。

あとの2つのブログサイトは、更新を中止しています。