アフィリエイトで稼げなくなるかも、でもデジタル商品(珈琲アフィリエイト)で稼ぎ続けたい

f:id:ekawa:20190325214934p:plain

はてなブログPROを利用しているので、10個のブログサイトが作れます。

メインブログは江川珈琲店のブログですが、それ以外に珈琲用語集珈琲ブログ高齢者ですが年金だけでは食べて行けないのでエカワ珈琲店の出来事という4つのサブブログも運営管理しています。

 

4つのサブブログに掲載している記事のほとんどが、江川珈琲店のブログに投稿した記事の再投稿(or再掲載)です。

珈琲手帳は珈琲ウンチク記事を専門に掲載しているブログですが、ページビューはほとんど検索流入に依存していて、今年の3月の初め頃まで毎日300前後のアクセスがありました。

珈琲文化に関係する記事を中心に掲載している珈琲ブログもページビューはほとんど検索流入に依存していて、今年の3月初め頃のアクセス数は、毎日200~250くらいありました。

 

それが、3月の中頃から、珈琲手帳(2019年5月1日、珈琲用語集)珈琲ブログも、毎日のアクセス数が3分の1くらいに減少しています。

同じころから、メインの江川珈琲店のブログは半分くらいのアクセス数に、高齢者ですが年金だけでは食べて行けないのでも半分くらいのアクセス数に減少しています。

わかやま暮らしの手帳(2019年5月1日、エカワ珈琲店の出来事に変更)のアクセス数だけ変化していませんが、もともと、毎日のアクセス数が10~30くらいのブログだったわけです。

 

このアクセス数の減少ですか、3月が移動月で忙しいからだろうと思っていたのですが、たぱぞうの米国株投資さんの下の記事を読んでいて、googleの検索方法変更が影響していると合点しました。

 

 

エカワ珈琲店の複収入の一つが、ブログを活用するアフィリエイト広告とクリック広告からの収入です。ブログのアクセス数大幅減少は、複収入の大幅減少を意味しています。

それに、エカワ珈琲店のメインの仕事「焙煎コーヒー豆の通信販売」にも、少しは影響してくるはずです。

何とかしなければと考えているのですが、「焙煎コーヒー豆通信販売」の減少については、焙煎コーヒー豆業務向け販売を開始することで帳尻を合わせるつもりです。

 

サブの仕事からの収入減少を、メインの仕事からの収入増加で帳尻を合わそうと考えているわけですが、焙煎コーヒー豆の商いで稼ぐよりもデジタル商品の商い(珈琲アフィリエイト)で稼ぐほうが、何故か快感を覚えるわけです。

エカワ珈琲店の店主は67歳のロートルなブロガーですが、その快感を忘れることができません。そのような理由で、google検索と如何に相性が悪くても、何とかデジタル商品(珈琲アフィリエイト)で稼ぐ方法を探し出さなければと考えている今日この頃です。