【珈琲物語】年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

日本ではダンク式コーヒー、アメリカではシングルサーブインザバッグコーヒー

日本でダンク(浸漬)式コーヒーと呼ばれているコーヒー1杯用ティーバック型袋ですが、アメリカではシングルサーブインザバッグコーヒー( Single-Serve In the Bag)という呼び名で、2017年当たりから注目されつつあるみたいです。

f:id:ekawa:20180120130119j:plain

 

カルフォルニア州サンタクルーズに本社を置くStpeed Coffee が、窒素充填包装を採用したティーバッグ形式の1杯用コーヒーバッグを開発して好評を得ていると、Daily Coffee News が2018年1月18日付けの記事で報じています。

dailycoffeenews.com

小型生産用コーヒー豆焙煎機を駆使して少量生産した焙煎コーヒー豆を粉砕して、焙煎コーヒー粉を1杯用ティーバッグに詰めて 、個別包装する際に窒素ガスを流してパッキングすることで、焙煎コーヒー粉の劣化を防ぐという方式で生産したダンク(浸漬)式で抽出する1杯用コーヒーバッグを売り出していると推測しています。

 

1杯用ダンク式コーヒー袋(orシングルサーブインザバッグ | Single-Serve In the Bag)ですが、零細生業パパママ店のエカワ珈琲店でも製造販売は可能です。でも、相当に面倒なので製造販売には躊躇してしまいます。というよりも、その気になれません。

ちなみに、エカワ珈琲店は、年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が2人だけで細々と営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店で、アマゾンで自家焙煎したコーヒー豆を販売しています。

www.ekawacoffee.work

 

ダンク式の1杯用ティーバッグ袋は、京都市に本社を置く山中産業株式会社が販売しています。以前、サンプルを送付して頂いたことがあります。

www.yamanaka-sangyo.jp

山中産業の1杯用ティーバッグ袋と、店で焙煎加工した煎りたて焙煎コーヒー豆と、ショップシーラーがあれば製造が可能です。

水出しと違って熱湯を使った浸漬式抽出法ですから、安全衛生の心配も少ないので製造販売してみようかと考えたこともあります。

しかし、年齢の影響なのかもしれませんが、コーヒーの新しい販売方法に挑戦する気力が無くなっていて、自家焙煎コーヒー豆の量り売り以外に挑戦する気持ちが出てきません。

 

このタイプのコーヒー商品は、基本的にレギュラーコーヒーの商品だと思います。

レギュラーコーヒー市場は、大変競争の激しい市場です。

小さなコーヒー豆自家焙煎店がレギュラーコーヒー市場にちょっかいを出せば、惨めな敗北感を味わうだけだと思います。

ということで、年老いた珈琲豆焙煎屋は、レギュラーコーヒー商品をブログで紹介させて頂いて、アフリエイトで小遣い稼ぎをさせて頂くことにします。

 

しかし、ダンク式コーヒーをアマゾンで探したのですが、大手・中堅珈琲会社からは販売されていません。

商品を試さずに紹介しようと考えているので、さすがに名前の知られている大手・中堅珈琲ブランドの商品でなければその気になれません。

商品貼り付けは、大手・中堅珈琲ブランドからダンク式コーヒーが発売されるのを待つことにします。