アマゾンのブラックフライデー2019

11月22日(金)午前9時~11月24日(日)午後11時59分まで、アマゾン日本のブラックフライデーキャンペーンが実施されます。

期間中にアマゾンの全商品の中から1万円以上の買い物をすると、抽選で5000ポイントが5000名に、100ポイントが12万5000名に当たるキャンペーンです。 

気が向けば、下の写真をクリックしてエントリーしてみては如何でしょうか。期間中にアマゾンで1万円以上の買い物をすれば、もしかしたら、5000ポイントをゲットできるかもしれません。

 ↓↓↓

 

www.ekawacoffee.work

エカワ珈琲店はアマゾンに出品しています。

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が2人だけで営んでいるエカワ珈琲店は、地方の中核都市・和歌山市の零細生業パパママ規模の自家焙煎コーヒー豆小売専門店ですが、アマゾンマーケットプレイスに出品しています。

www.ekawacoffee.work

 

ブラックフライデーの名前の由来

アメリカ合衆国の祝日「感謝祭(11月の第4木曜日)」の翌日(11月の第4金曜日)に実施されるバーゲンセールがブラックフライデーで、幸せな買い物客たちが大勢訪れてたくさん買い物をしてくれるので、店の収支が黒字に転換するという話が、ブラックフライデーの名前の由来だと言われています。

アメリカの小売業界では、1年のうちで一番多くの売上を見込める日で、年末商戦の幕開けを告げるイベントだとも言われています。

 

ブラックフライデーの語源/ハフポストの記事から

年老いた珈琲豆焙煎屋ですが、ブラックフライデーの由来については、上記の店の収支が黒字に転換する説を信じていたのですが、ハフポストの記事『ブラックフライデーの知られざる語源とは』を読むと、ちょっと違っているようです。 

『ブラックフライデー』は、フィラデルフィア警察署がサンクスギビングデーの翌日につけた言葉。愛称ではない。『ブラックフライデー』は都市部で正式にクリスマスショッピングの季節をスタートするもので、中心街の小売店らが開店から閉店まで大混乱となり、それにより多くの交通渋滞や歩道が混雑する」  

www.huffingtonpost.jp

 

ブラックフライデーの語源/Wikipedia から

Wikipedia /ブラックフライデーでも、ブラックフライデーの語源について同じような説明が掲載されています。

1961年ごろからフィラデルフィアで始まり、1975年にはかなり広まった比較的新しい言葉で、当日は買い物客で道路が混むことからそう呼ばれている。名付けたのはフィラデルフィアの警察で、人が外に溢れて仕事が増えるために「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされる。

当初、小売店などはこの言葉に不快感を示して「ビッグフライデー」という言葉を作ったが、一般には「ブラックフライデー」で広まった。その後、フィラデルフィアの新聞が「小売業者が儲かり黒字になる」という解釈を発表してからは、良い意味で使われるようになった。