年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

Amazonに出店している中小事業者の内3000社は、年間1000万円以上をアマゾンで売っている

f:id:ekawa:20200816095756j:plain

2020年8月12日(水曜日)、アマゾンが開催したAmazon Academyにて、『2020年 中小企業インパクトレポート』が発表されました。

ちなみに、アマゾンが開催したAmazon Academyのテーマは、新たなステージを迎える日本経済そして中小企業の未来につながる布石を考える」だったと報じられています。

【関連】アマゾン出店の中小販売事業者、年商1000万円超えが3000社

 

アマゾンに出品している日本の中小規模販売事業者のアマゾン内の売上データを調査した報告書が「2020年 中小企業インパクトレポート」で、その集計期間は、2019年6月1日~2020年5月31日までの間だと発表されています。

 

その「2020年 中小企業インパクトレポート」によると、アマゾンに出品している中小規模事業者のうち3000社以上が、アマゾン内での年間売上高(税込)1000万円超えを達成していて、年商1億円を達成している日本の中小規模販売事業者数は500社以上あるそうです。

そして、販売事業者あたりの平均年間売上高(税込)は700万円を超えているとのことです。

また、『アマゾンビジネス/Amazonビジネス』における中小規模販売事業者の年間売上高総額(税込)は500億円を超えているそうです。

ちなみに、アマゾン出品者は、簡単な手続き操作で『アマゾンビジネス/Amazonビジネス』を利用できます。

【サイト内関連記事】零細生業ローカルビジネスには、ショッピングセンターは競争相手です。しかし、アマゾンは大切な取引相手です。

 

 「2020年 中小企業インパクトレポート」発表に伴う、アマゾンジャパン社長のジャスパー・チャン氏のコメントは以下の通りです。

Amazonは創業当初から中小企業とスタートアップの皆様の事業の支援に注力してきました。ニューノーマルと呼ばれる新しい生活様式への対応が求められる中、日本経済を支える全国各地の中小企業ならびにスタートアップの皆様の事業の持続的な成長をサポートできるよう、引き続きイノベーションの創出とより良いサービスの提供に取り組んでいく

流通ニュースより引用

 

参考までにですが、年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営む自家焙煎コーヒー豆小売専門店「エカワ珈琲店」は、2年前(2018年)の7月から、アマゾンに出品しています。

年齢が年齢ですから、若い人たちのように出品作業がスムーズに進行しません。色々と試行錯誤を繰り返しながら、徐々に出品作業に慣れて来て、最近、ようやくにしてポツポツ注文が入るようになっています。

アマゾンで商品を売るには、それなりのスキルがいるのかもしれません。