ドリップコーヒーの淹れ方、7つの極意

f:id:ekawa:20190227201514j:plain

紙フィルターを使って淹れるドリップコーヒーと言っても、手作業で淹れるドリップコーヒー(ハンドドリップ)と、コーヒーマシーンを使って淹れるドリップコーヒー(マシーンコーヒー)があります。

そこで、ハンドドリップ、あるいはコーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れるということを前提として、『ドリップコーヒーの淹れ方、7つの極意』を書き出してみました。

 

【1】使用する水

軟水でニオイの少ない水を使います。日本の水は、水道水を含めて、ほとんどの飲み水が軟水です。

水道水は、塩素(クロール)で殺菌しているので、塩素臭がする場合もあります。そのような時、水道水を一度沸騰させて、その後しばらく放置して冷ました湯を使用すれば、塩素臭が気にならなくなります。

 

【2】抽出と使用する湯

焙煎したコーヒー豆を粉砕(粉or顆粒に)して、コーヒーの粉砕物に含まれている成分を、水(湯)に溶かす、分散させる作業がコーヒーの抽出です。

コーヒーの成分は、水(湯)の温度が高いほど溶けやすいので、少しだけ沸騰したくらいの湯を少し冷まして使います。

水は100度になれば沸騰しますが、少しだけ沸騰したばかりの湯を少し冷まして使用すれば、湯がコーヒーの粉と接触する段階で、90度から95度くらいになっています。

 

【3】湯の温度と抽出時間

コーヒーの成分には、低い温度の湯でも溶け出す成分から、高い温度の湯でなければ溶け出さない成分まで、いろいろな成分があります。また、同じ温度の湯を使用しても、溶け出すのに時間のかかる成分と、かからない成分があります。

だから、抽出時間(淹れる時間)・抽出温度(お湯の温度)の違いによって、味や香りが違ってきます。

一般的には、少し粗めに挽いたコーヒー粉砕物を多めに使用して、できるだけ短時間で抽出したほうが、余分な成分が溶け出さないので多くの人に好まれるコーヒーを淹れることができるようです。  

 

【4】コーヒーの淹れ方

コーヒーの淹れ方には、ペーパーフィルターや布フィルターを使って淹れるドリップコーヒー、サイフォンを使って淹れるコーヒー・、フレンチプレスを使って淹れるコーヒー、エスプレッソマシーンを使って淹れるコーヒーなど、色々あります。

そのうち、我が家は、ペーパーフィルターを使用して手作業(ハンドドリップ)で淹れるドリップコーヒーが大好きです。(時々、コーヒーメーカーも使いますが・・・)

香味の調整が簡単で、使用する道具類がシンプルですから、取り扱いも簡単で安上がりです。

 

【5】淹れ方心得

(1)新鮮で良質な焙煎コーヒー豆を使用する。

(2)キレイに洗浄している抽出器具を使用する。

(3)抽出直前に必要な量だけコーヒー豆を粉砕する。

(4)水質に問題の無い軟水で新鮮な水を使用する。

(5)定められた湯の温度・湯の量・抽出時間を守る。

 

【6】ドリップの極意

90度以上、できれば95度くらいの熱湯を、ゆっくりとコーヒーの粉の上に置くように注ぎます。

コーヒーの表面がきめ細かな泡でおおわれてしまうように、全体に満遍なく熱湯を注ぎます。

速く湯を注ぐと(抽出時間が短いと)、コーヒーは薄くなります。反対に、時間をかけてゆっくりと湯を注ぐと(抽出時間が長いと)、コーヒーが濃くなります。

1人分といった少ない量を抽出するよりも、数人分を一度に抽出する方が、多くの人に好まれるコーヒーが出来上がるようです。 

 

【7】コーヒーブルーム

煎りたての新鮮な(焙煎後5日~30日くらいの)焙煎コーヒー豆を使ってコーヒーを淹れれば、そして、コーヒーを淹れる時の蒸らしでコーヒー粉が膨らんだ(コーヒーブルーム/Coffee Bloom)なら、多くの人に好まれるコーヒーが出来上がるはずです。

美味しいコーヒーを淹れる科学には、コーヒーブルーム(蒸らすときのコーヒー粉の膨らみ)に対する理解が絶対必要条件なのだと思います。

 

関係ストーリー

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work