年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

喫茶店・カフェがコーヒー豆を自家焙煎するメリット

客席や営業時間が決まっているわけですから、提供できるカップコーヒーの杯数には限度があります。それに、店舗が繁盛すれば、少ない人数で運営することができなくなるので、人件費コストが増大します。

店舗への来客数は、天候など、様々な事情に左右されますから、必ず、多い少ないのデコボコが発生します。そして、来客数の多い日も、来客数の少ない日も、店舗の運営に要するコストは同じくらい必要です。

 

カップコーヒーのテイクアウトやコーヒーのポットサービスも、待ちの商売という面では同じなのだと思います。

しかし、自家焙煎したコーヒー豆は、攻めの商売も可能な商品なのだと思います。

ということで、独立系の喫茶店・カフェが、コーヒー豆を自家焙煎することのメリットを幾つか書き出してみました。

 

珈琲への思い入れが強くなる

コーヒー生豆を仕入れて、コーヒー豆を自家焙煎して、その自家焙煎したコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れるわけですから、仕入れた焙煎コーヒー豆を使ってコーヒーを淹れるよりも、数段、珈琲に対する思い入れが強くなるはずです。

カフェ・喫茶店ビジネスは、店舗というハードウェアーとコーヒーの淹れ方や接客、それにマーケティングというソフトウェアーから成り立っているのだと思います。

珈琲に対する思い入れの強さは、強力なソフトウェアーの獲得を意味しているのだと思います。

 

焙煎コーヒー豆の家庭需要

現在(2020年)の焙煎コーヒー豆家庭需要のほとんどは、食品スーパー・コンビニエンスストアーやショッピングセンター内の焙煎コーヒー豆小売店舗などの流通ルートを確保している、大手・中堅コーヒー企業によって供給されているのだと思います。 

焙煎コーヒー豆家庭需要の供給元として、コーヒー豆自家焙煎店の占める割合はごく僅かなパーセンテージだと推測しています。

30年くらい前の1990年前後には、焙煎コーヒー豆家庭需要の供給に占めるコーヒー豆自家焙煎店の割合は、現在(2020年)よりは相当に高かったわけですから、「煎りたて、新鮮」を前面に出すマーケティングなどを駆使すれば、自家焙煎コーヒー豆店にとっての焙煎コーヒー豆家庭需要ですが、将来に期待が持てる市場だと考えます。

 

喫茶・カフェ営業を自家焙煎コーヒー豆の販促に利用できる

コーヒー豆を自家焙煎することで、カップコーヒーの原価を半分以下にすることができますが、カップコーヒーの原価率を考えればメリットとは思えません。

自家焙煎コーヒー豆を売ることで、喫茶・カフェ営業ブラスアルファーの収入を得ることができるのが、最大のメリットなのだと思います。

自家焙煎コーヒー豆の販促手段として、喫茶・カフェ営業を利用するのが賢明なのだと思います。

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいるエカワ珈琲店は役所の近くに立地していて、1990年代に喫茶店と自家焙煎コーヒー豆小売販売を兼営していたことがあります。その時期、役所関係への焙煎コーヒー豆販売が急伸しました。

その後、喫茶営業を取りやめて自家焙煎コーヒー豆小売業務に専念するようになってから、徐々に、役所関係への焙煎コーヒー豆販売量が減少して行きました。

 

コーヒー豆自家焙煎はマーケティング

喫茶店ブーム曲線が下降線を描き始めた1980年代、コーヒー豆を自家焙煎する喫茶店には、珍しさも相まってお客さんが集まってきました。

当時、個人経営の喫茶店の最強のマーケティングは、コーヒー豆の自家焙煎でした。

30年前と比べると、現在(2020年)の喫茶店・カフェでのコーヒー豆自家焙煎は、それほどの集客力を有していないかもしれませんが、コーヒー豆自家焙煎=マーケィングであることは確かだと思います。

【関連記事】伝統的な喫茶店商売から新しい喫茶店商売へ変わって行かなければ生き残れないかも

 

仕事が楽しくなります

コーヒーが好きでカフェ・喫茶店を営んでいるのなら、コーヒー豆の自家焙煎を始めることで、一層、カフェ・喫茶店の仕事が面白くなるはずです。

コーヒー生豆を仕入れて、コーヒー豆を焙煎して、その自家焙煎コーヒー豆を使ってコーヒーを淹れるという一連の作業をこなして行くことで、一層、コーヒービジネスを面白く感じるようになるはずです。

この一連の作業は、間違いなくゴールの無い職人仕事だと思いますから、 尽きることの無い好奇心を搔き立ててくれるはずです。