【珈琲物語】年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

京都コーヒー(キョートコーヒー、Kyoto-style)

冷たい水で抽出する方法で、コーヒーの粉に冷たい水を一滴ずつ落としながら、時間をかけて抽出するコーヒーの淹れ方です。

細く粉砕した焙煎コーヒーの粉に、時間をかけて冷水を一滴ずつ落としながら抽出します。

いちばん上に水槽、真ん中にコーヒー粉を詰める抽出ろ過器、そして、いちばん下に抽出液を受ける容器の3点で構成されている点滴水抽出器で淹れるコーヒー。

 

オランダの植民地時代のインドネシアで、オランダ人が考案したコーヒーの淹れ方をヒントにして、京都の喫茶店のマスターが考案した淹れ方。「ダッチコーヒー」とも呼ばれている低温トリップ法による淹れ方。

世界的に流行しているコールドブリューコーヒーは、冷たい水に粗めに粉砕した焙煎コーヒー粉を浸漬させてコーヒー成分を抽出する方法で淹れたコーヒーですが、京都コーヒー(キョートコーヒー、Kyoto-style)は、焙煎コーヒー豆を細かく粉砕して、その焙煎コーヒー粉に冷水を一滴ずつ落としてコーヒー成分を抽出して淹れたコーヒーです。

www.ekawacoffee.work

 

京都コーヒー(キョートコーヒー、Kyoto-style)も、コールドブリューコーヒーも冷たい水を使って焙煎コーヒー粉からコーヒー成分を抽出してコーヒーを淹れる淹れ方ですから、相当に長い時間を費やしてコーヒーを淹れる淹れ方です。

 

 旦部幸博さんの著書「コーヒーの科学、おいしさはどこで生まれるのか」に、京都コーヒーについての次のような物語が紹介されています。

昭和30年頃、京都のサイフォンコーヒーの老舗「はなふさ」のマスターが、あるコーヒー通が本に書いたインドネシアの淹れ方に興味を惹かれ、たった数行の記述を元に「幻のコーヒー」の再現に取り組みました。

そして、京都大の化学専攻の学生に協力を仰いで、医療器具の専門店で制作したのが、この「ウォータードリップ」と呼ばれる抽出器具だそうです。

 

取り扱い方は、旦部幸博さんの著書「コーヒーの科学、おいしさはどこで生まれるのか」は、以下のように説明してくれています。

通常は深煎り豆を使い、室温で数時間かけて滴下抽出したものをアイスで、または温めて飲みます。

他の抽出法とはずいぶん条件が違うので比較が難しいのですが、濃厚なコクと水出し独特の風味があり、特に「その口の中で香りが開く」感じは印象的です。

 

また、京都コーヒー(キョートコーヒー、Kyoto-style)の由来は、次のように説明してくれています。

2012年にメリー・ホワイトという方が、「Coffee Life in Japan」で紹介して以降、アメリカでも「キョートコーヒー」と呼ぶようになったと旦部幸博さんの著書「コーヒーの科学、おいしさはどこで生まれるのか」に書いてあります。

もし、アマゾンで旦部幸博さんの著書「コーヒーの科学、おいしさはどこで生まれるのか」を購入しようと考えているなら、下のリンク先ページからアマゾンの商品ページを訪問して購入して頂けたら幸いです。(少し年老いた珈琲豆焙煎屋に小遣い銭が入るので)

www.ekawacoffee.work