【珈琲物語】年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

ルワンダポテトディフェクト/Rwandan Potato Defect

悲惨な大量虐殺を経験したルワンダですが、21世紀に入ってからは目覚しい経済成長が続いています。

ルワンダの経済成長の一翼を担っているのがコーヒー産業で、21世紀の最初の10年で、農家の所得が平均して約6倍になったと伝えられています。

ルワンダのコーヒー産業で成長著しいのが、スペシャリティーコーヒー部門だと伝えられています。

2000年代の後半、そのルワンダコーヒーに「ポテト臭」という難題が持ち上がってきました。

 

コーヒー生豆の段階では何も問題が無いのに、ルワンダ産のコーヒー豆を焙煎して、その焙煎コーヒー豆を使って淹れたコーヒーを飲んでみると、時々、「ジャガイモのようなニオイ」がすることがあるという問題です。

見た目では判別できなくて、時々、「ジャガイモのようなニオイ」がすることもあるわけですから、ルワンダコーヒーを消費する側とすれば、消費するのを尻込みしてしまいます。

この「ポテト臭」ですが、ルワンダで生産されるコーヒー豆だけでなくて、ブルンジ、コンゴで生産されているコーヒー豆でも同じような「ポテト臭」のするコーヒー豆に出会うことがあるようです。

 

「ジャガイモのようなニオイ」がする原因については不明なのですが、もしかしたら、東アフリカ全体のコーヒー作物を悩ましているantestia(アンテスチア)という昆虫が関係しているのではないかと考えられているようです。

しかし、ルワンダコーヒーのポテト臭については、それほど複雑に考える必要が無いとする意見もあるようです。

コーヒー豆の精製段階で、コーヒー豆とジャガイモを一緒に水洗処理するのを中止すれば、「ルワンダポテトディフェクト/Rwandan Potato Defect」の問題は解決するという意見です。

 

もし、コーヒー豆の精製段階で、コーヒー豆とジャガイモを一緒に水洗処理しているのなら、水を介して、ジャガイモのニオイがコーヒー豆に移動することは多いに有り得ます。だとすると、難題が簡単に解決するのだと思います。

コーヒー生豆を入れている麻袋が雨に濡れたり、湿気の多いところで保管しておくと、麻袋のニオイがコーヒー生豆に移ってしまうことがあります。

「ルワンダポテトディフェクト/Rwandan Potato Defect」も、それと同じような現象なのかもしれないのかもしれません。。

 

【追記/2020年1月】

そのような話が流れていたのは、2010年頃の話で、今(2020年)は、「ルワンダポテトディフェクト」は、少ない確率で時々に発生する現象で、よりよい収穫方法・精製方法や焙煎加工技術を導入したとしても完全に回避することはできないと考えられています。

統計的には、1kgのコーヒー生豆に1粒入っているという確率で発生するようですから、ルワンダやブルンジで生産されているコーヒー豆の品質を考慮すると、いつ登場するかもわからない「ルワンダポテトディフェクト」の欠陥よりも、ルワンダやブルンジ産のコーヒー豆の品質の方を優先するのが合理的だとする意見が大勢を占めているようです。

 

ちなみに、年老いた珈琲豆焙煎屋は、「ルワンダポテトディフェクト」に出会った経験はありません。