年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

Trade coffeeは、コーヒー豆自家焙煎店(クラフトコーヒーの焙煎屋さん)の小売プラットフォーム

少量生産・少量消費のクラフトコーヒー市場(日本てでは自家焙煎コーヒー豆市場)は、今後、最も成長が期待される珈琲市場です。日本では、まだ期待されつつある段階ですが、北米大陸や西ヨーロッパ、とくにアメリカ合衆国では、その期待に応える段階に達しているように感じられます。

 

f:id:ekawa:20191214123617j:plain

クラフトコーヒービジネス 

少量生産・少量消費のクラフトコーヒー市場の担い手は、アメリカではサードウェーブコーヒー系の珈琲屋さん、日本ではコーヒー豆自家焙煎店です。

コーヒー豆自家焙煎店は、すでに数多あるわけですが、成長が期待されている珈琲市場ですから、これからも増え続けて行くのは確実だと思います。もちろん、古いタイプのコーヒー豆自家焙煎店は淘汰されて行って、新しいタイプのコーヒー豆自家焙煎店が増加して行くことになると思いますが。 

日本でも、世界でも、珈琲ビジネスはブランドビジネスの時代に入っています。一部の名前の知られている老舗のコーヒー豆自家焙煎店や、何らかの理由でマスコミの注目を浴びているコーヒー豆自家焙煎店は別格として、大半のコーヒー豆自家焙煎店はブランド的に無名です。

少量生産・少量消費のクラフトコーヒー市場ビジネスは、その担い手であるコーヒー豆自家焙煎店だけが恩恵を受けるビジネスとは限りません。

数多あるコーヒー豆自家焙煎ブランドと消費者の間を取り持つビジネスも、少量生産・少量消費のクラフトコーヒー市場ビジネスの範疇に入ります。

 

自家焙煎コーヒー豆店のプラットフォーム 

「コーヒー定期便」というサービスがあります。珈琲屋さんが焙煎コーヒー豆銘柄を選択して、定期的一方的に消費者に届けるサービスです。

アメリカで急成長しているTrade coffee に代表されるプラットフォーム珈琲ビジネス(自家焙煎コーヒー豆購入サービス)を、年老いた珈琲豆焙煎屋(エカワ珈琲店の店主)は、焙煎コーヒー豆定期便ビジネスの一種だと思い込んでいたのですが、WEBサイトを訪問してみると、それとは毛色の変わった珈琲ビジネスモデルだと理解できます。

数多くのクラフトコーヒーの焙煎屋さん(コーヒー豆自家焙煎店)と、お気に入りの自家焙煎コーヒー豆(クラフト焙煎コーヒー豆)を探している消費者をマッチングさせるプラットフォームビジネスだと理解できたわけです。

ちなみに、幾つかの、地域を基盤とするコーヒー豆自家焙煎店(クラフトコーヒーの焙煎屋さん)の自家焙煎コーヒー豆を取り揃えて、オフィスコーヒー消費者の好みに応えるオフィスコーヒーサービス会社も、アメリカで急成長しているという話も聞きます。

 

例えば、Trade coffee 

Trade coffee には、400種類以上のコーヒー豆自家焙煎店(クラフトコーヒーの焙煎屋さん)のコーヒーを評価する専門家が働いていて、幾つものタイプのフレーバープロファイルを作成しているので、コーヒー消費者はTrade coffee のWEBサイトを通じて、質問に答えるという形で好みの自家焙煎コーヒー豆(クラフト焙煎コーヒー豆)を探すことができるシステムになっているようです。 

Trade coffee が、コーヒー豆自家焙煎店(クラフトコーヒーの焙煎屋さん)の小売店機能を代行しています。しかし、それだけでは無くて、コーヒー豆自家焙煎店(クラフトコーヒーの焙煎屋さん)のマーケティングにも貢献していて、新しいお客さんを発見する手伝いもしています。

www.drinktrade.com