年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

和歌山市のお城の近くで、エカワ珈琲店という屋号の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいます。30年の歴史を持っていますが、今も昔も、夫婦2人だけで営む零細生業パパママ店のままです。そのエカワ珈琲店が発信する珈琲ニュースレターです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

コメダ珈琲店のメニューにブラックコーヒー「コメ黒」登場

f:id:ekawa:20180602211305j:plain←週刊アスキーのサイトより引用

 

小生の住む和歌山市にもコメダ珈琲店は出店していて、相当に繁盛しているようです。しかし、小生は、コメダ珈琲店でコーヒーを飲んだことはありません。

何年か前、地元に出店したばかりのコメダ珈琲店を3度訪れたのですが、その度に行列が出来ていたので入店せずに帰って来ました。それからは、コメダ珈琲店を一度も訪れたことはありません。

 

コメダ珈琲店でコーヒーを飲んだ経験は無いのですが、コメダ珈琲店でコーヒーを飲んだ人の経験談は何人もから聞いたことがあります。

コメダ珈琲店の提供しているコーヒーは、ミルクと砂糖を添加して飲むタイプのコーヒーだと聞いています。

 

そのコメダ珈琲店ですが、ブラックで味わうブレンドコーヒー「コメ黒(1杯500円)」をメニューに登場させると週刊アスキー(Webサイト)が報じています。

「コメ黒」は、コクのあるというブラジル最上級グレードの豆をベースに、華やかな香り高さが特徴というキリマンジャロの豆をブレンドしていて、上品な酸味と深いコク、それに華やかな甘い香り、すっきりとした後味を楽しめると報じられています。

 

コーヒーメニューは、外食店(喫茶店やレストラン)に利益をもたらしてくれる利益率の高い商品ですから、ファミレス型喫茶店チェーンも、コーヒーメニューが主力の喫茶店チェーンも、今後、種々雑多なコーヒードリンクメニューを投入して来るはずだと推測しています。