コーヒーアロマ/コーヒーの香り、メイラード反応と香りの関係

コーヒーを口にしたときの感覚には、「味覚」と「口触り」の2つがあるのだと思います。

コーヒーの味覚は、甘味・塩味・苦味・酸味で、コーヒーの口触りは、温感・粘性・濃度なのだと思います。

 コーヒーの香りは、味覚と口触り、その2つの感覚と混じりあって複合的な風味を作り出しているのだと思います。

 

そして、バランスの取れた風味が存在していることで、はじめて、そのコーヒーを美味しいと感じることができるのだと思います。

ですから、スペシャリティーコーヒーにとって一番重要な属性は、「コーヒーの香り」なのだとエカワ珈琲店は考えています。

 

インスタントコーヒーもレギュラーコーヒーも、私たちの味覚を刺激する成分を持っています。

しかし、インスタントコーヒーの場合、その製造工程にて、揮発性の香り成分の多くを失ってしまうのだと思います。

 

この記事の続きは、note にて有料で購入して頂けます。

 ↓↓↓

note.mu

 

最初の頃に書いた有料記事です。書き直して内容を充実させる予定です。そして、noteのマガジン機能を使って、幾つかの記事を集めて有料公開するつもりです。

できれば、noteのマガジンで公開する時に購入して頂ければ幸いです。