例えば、和歌山市(地元)で、お気に入りの珈琲豆焙煎屋さんを見つける方法

近所のスーパーマーケットや百貨店、コンビニエンスストアーやショッピングセンターで売っている、賞味期限が3か月~1年の大量生産された焙煎コーヒー豆では無くて、焙煎日から1か月以内の新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆でコーヒーを淹れて、香りや風味とコーヒーブルーム(コーヒーを淹れる時に発生する花咲くような膨らみ)を楽しみたいと思うなら、地元のコーヒー豆自家焙煎店を探してみてはいかがでしょうか・・・。

例えば、和歌山市に住んでいるなら、和歌山市かその周辺のコーヒー豆自家焙煎店を・・。

 

f:id:ekawa:20190323132649p:plain

「腐敗していない焙煎コーヒー豆」と「新鮮な焙煎コーヒー豆」は別の概念

焙煎コーヒー豆は、栄養になる成分があまり含まれていないので微生物に悪さをされることが少なくて、それに加えて、アルカロイドのカフェインや抗酸化作用の強い成分が含まれているので、焙煎コーヒー豆の包装(保存)状態が適正なら、なかなか腐敗することはありません。

包装・保存状態が適正なら、焙煎日から1年くらい経過していても大丈夫だと考えています。しかし、「腐敗していないコーヒー」と「古いコーヒーor新鮮なコーヒー」は、全く別の概念だと思います。

焙煎コーヒー豆は食品ですから、時間や日数の経過に伴って必ず風味や香りが劣化して行きます。新鮮な焙煎コーヒー豆は、コーヒーの素晴らしい香りと風味を十分に持っていますが、古くなった焙煎コーヒー豆のそれは、焙煎日から日数が経過しているわけですから、その日数分だけ劣化しているはずです。

 

新鮮な焙煎コーヒー豆は少量生産 

誰でも気楽に購入できるリーズナブルな価格で焙煎コーヒー豆を販売するには、自動化された大規模なコーヒー豆焙煎工場で大量生産するしか方法は無いと思います。その代わり、大量生産した焙煎コーヒー豆を売り捌くには、それなりの日数が必要です。

焙煎日から日数が経過していない新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆を売るなら、大量生産では無くて少量生産で対応するしか方法がありません。

新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆の場合、焙煎の仕方がコーヒーの風味や香りにもろに影響して来るので、小型生産用コーヒー豆焙煎機を駆使して時間を費やして丁寧にコーヒー豆を焙煎加工しなければなりません。

 

少量生産の自家焙煎コーヒー豆は価格が高くなる 

手間暇を費やしているので、新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆の販売価格は、誰もが気楽に購入できる価格よりも相当に高い価格になってしまいます。高い価格で販売できなければ、赤字になってしまうわけです。

いつものリーズナブルな価格の大量生産された焙煎コーヒー豆では無くて、時にはプレミアム価格(高い価格)の新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆でコーヒーを淹れたいと思うことがあるかもしれません。

そのような時、通信販売で新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆を購入する方法もありますが、できれば、地元の新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆だけを売っているコーヒー豆自家焙煎店で購入するのがベストだと思います。

 

地元で新鮮な焙煎コーヒー豆を売っている自家焙煎店を見つける方法  

そんな気分になった時のために、地元で新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆を売っているコーヒー豆自家焙煎店を見つけておくべきかもしれません。

ハレの日に淹れるコーヒーには、新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆で淹れたコーヒーが似合うと思いますから。

ということで、地元で新鮮な焙煎コーヒー豆だけを売っているコーヒー豆自家焙煎店を探す方法です。自分なら、このようにして探すだろうという方法を紹介させて頂きますので、参考になれば幸いです。

例えば、和歌山市で探すなら

例えば、和歌山市で新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆だけを売っている店を探す方法です。 

和歌山市に住んでいるのなら、Googleで「Coffee Roasters」、あるいは「自家焙煎コーヒー豆」、または「焙煎コーヒー豆」を検索してみて下さい。検索結果に地元の珈琲豆焙煎屋が出てくるはずです。

和歌山市以外に住んでいるのなら、「Coffee Roasters 和歌山市」、「自家焙煎コーヒー豆 和歌山市」、「焙煎コーヒー豆 和歌山市」を検索すると、検索結果に和歌山市の珈琲豆焙煎屋が出て来るはずです。

もちろん、google地図で検索することもできます。

店のウェブサイトを確認する 

幾つかの珈琲豆焙煎屋のウェブサイトを閲覧して、新鮮な賞味期限の短い焙煎コーヒー豆を販売しているか、焙煎コーヒー豆を販売する袋に焙煎日を記入しているかを確認します。

賞味期限の短い新鮮な焙煎コーヒー豆を販売しているなら、焙煎日を記入して販売しているのなら、その珈琲豆焙煎屋は、そのことを必ずウェブサイトで宣伝している(自慢している)はずですから。

これだけの作業をするだけで、和歌山市内で新しい新鮮な焙煎コーヒー豆を購入できるようになるはずです。

www.ekawacoffee.jp

新鮮な焙煎コーヒー豆は地元がベスト 

地元でお気に入りの珈琲豆焙煎屋さんを探すということは、地元の商売人を応援してくれるとを意味しています。また、地元の珈琲豆焙煎屋さんを訪問してコーヒーの話を聞くことで、珈琲についての知識を習得することもできます。

他府県の珈琲豆焙煎屋さんからオンラインで焙煎コーヒー豆を購入することもできますが、地元で最高の珈琲豆焙煎屋さんを見つけることができたなら、そこで焙煎コーヒー豆を購入するのがベストの選択だと思います。

できれば、店舗で購入する

地元の珈琲豆焙煎屋さんは、喫茶店スペースを持っていて、そこで焙煎コーヒー豆を小売販売しているか、自前の小売店舗で焙煎コーヒー豆を小売販売しています。ですから、できれば店舗に足を運んで焙煎コーヒー豆を購入することをお勧めします。

だけど、オンラインで購入することもできるはず

しかし、どうしても店舗に足を運ぶことができなければ、地元でお気に入りの珈琲豆焙煎屋からオンラインで購入することも可能です。

新鮮な焙煎コーヒー豆だけを販売している珈琲豆焙煎屋さんは、必ずオンラインでも焙煎コーヒー豆を販売しているはずですから。

www.ekawacoffee.work

新鮮な焙煎コーヒー豆には価値がある

自動化された工場で大量生産される賞味期限の長い焙煎コーヒー豆よりも、購入価格が高くなると思います。しかし、手づくりで丁寧に少量生産される焙煎コーヒー豆には、それだけの価値が十分備わっていると思います。