年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋が非定期的に発信する珈琲ニュースレター。このブログサイトの収益源は、掲載されるクリック広告とアマゾンからの成果報酬、有料記事販売です。しかし、赤字ではありませんが、手に出来ている小遣いは僅かです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

シアトル式深煎りコーヒー豆の焙煎方法

何年か前、もう10年くらい前の事、インターネットサーフィンをしていて、シアトル式深煎りコーヒー豆を焙煎する時には、頭に色彩豊かなバンダナを巻いている画像に出会って、それがシアトル式深煎りコーヒー豆の焙煎スタイルだと感じたものです。

年老いた珈琲豆焙煎屋式焙煎では、コーヒー豆を中煎りの煎り具合で焙煎する時も、コーヒー豆を深煎りの煎り具合で焙煎する時も、頭には何もかぶらず、何も巻きません。

それでは面白くないということで、年老いた珈琲豆焙煎屋式焙煎においても、焙煎スタイルの研究が必要なのではと考えたりしたものです。

f:id:ekawa:20201227213605j:plain


2010年頃、只今売り出し中だった第2世代(サードウェーブコーヒー)と呼ばれている、アメリカ中西部のコーヒー豆焙煎屋屋さんでは、腕をタトゥーで飾って焙煎作業をする焙煎職人さんが多いようですが、さすがに、その真似はできかねます。

でも、頭に色彩豊かなバンダナを巻いて焙煎する方法は、真似をしてみようかと考えて、バンダナを幾つか購入したのですが、年老いた珈琲豆焙煎屋は身体に占める頭の部分の比率が高い(頭デッカチ)ので、どのバンダナをかぶって様になりません。

ということで、バンダナをかぶって、カッコよくコーヒー豆を焙煎するはあきらめた思い出があります。

     

頭に色彩豊かなバンダナを巻いて、誰かが焙煎作業を遠巻きに見学していたりすると、手を振って歓迎するというのも絵になる風景です。

シアトル式深煎りコーヒーの焙煎職人さんは、当たり前のことですが、コーヒー豆の焙煎中は、焙煎機とにらめっこしています。

何回も何回も、金属製のスプーンで焙煎機からコーヒー豆を取り出して煎り具合を調べます。

 

コーヒー豆の色付き具合を確認して、香りを嗅いでから、そのコーヒー豆を焙煎機に戻します。

コーヒー豆の2回目にはじける音を聞いて、最終的に、金属製スプーンで取り出したコーヒー豆の色付き具合と香りの具合を確認した後、すばやく焙煎を終了して、焙煎機のフタを開いて、つややかに光るコーヒー豆を取り出します。

 

焙煎の終了したコーヒー豆は、冷却用のトレーにて、できるだけ速やかに冷却します。

この冷却スピードが、コーヒー豆の香りの保持に大いに関係してきます。

コーヒー豆の温度が高ければ、コーヒー豆から香り成分が逃げていくスピードが速くなるので、できるだけ速やかに冷却することが必要になります。

 

この深煎りのコーヒー豆、そのコクのある香味が頭をスッキリさせてくれて、最高の香味を演出すると言われています。

ちなみに、年老いた珈琲豆焙煎屋は、 シアトル式で焙煎した深煎りコーヒー豆は、あまり好みません。これは、負け惜しみではありません。