年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

コーヒー情報記事を専門にエントリーしているブログです。年老いた珈琲豆焙煎屋の稼ぎ頭のブログです。

『エカワ珈琲店版、コーヒーの基礎知識』、2024年6月21日にキンドルでセルフ出版しました


2024年6月21日、電子書籍『エカワ珈琲店版、コーヒーの基礎知識』をキンドルでセルフ出版しました。

著者が販売価格の70%を受け取れる最低ラインの値付けが250円ですから、250円で販売しています。

キンドルアンリミテッドの会員さんなら、無料レンタルして読んで頂けます。

 

『エカワ珈琲店版、コーヒーの基礎知識』は、去年(2023年)の4月に1冊目の電子書籍をキンドルでセルフ出版してから、「年老いた珈琲豆焙煎屋」のペンネームでセルフ出版した13冊目の電子書籍になります。

他に、本名で1冊だけ電子書籍をセルフ出版しています。

 

電子書籍のセルフ出版も14冊目となると、編集作業にも慣れて来ています。

まあまあ満足できる電子書籍を出版出来たと思っているのですが、キンドルアンリミテッドの無料レンタルで確認すると、目次の部分だけ不十分な出来上がりになっていました。

 

電子書籍ですから、ある程度の期間が経過すれば修正可能なのですが、当分の間、不完全で体裁の悪い「目次」がそのまま表示されることになります。

只今、15冊目の電子書籍を編集中です。

15冊目の電子書籍については、まあまあ完全で体裁の良い「目次」にしたいと思っています。

 

『エカワ珈琲店版、コーヒーの基礎知識』の著者は、年老いた珈琲豆焙煎屋(店主のペンネーム)です。

年老いた珈琲豆焙煎屋は、和歌山市雑賀屋町で店舗を構えているコーヒー豆自家焙煎店「エカワ珈琲店」の店主です。

「エカワ珈琲店」は、古希3の年老いた珈琲豆焙煎屋が、連れ合い(妻)に適当に手伝ってもらいながら、趣味と実益を兼ねて商いしている零細生業規模のコーヒー豆自家焙煎店です。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋は、「コーヒーのウンチク」が大好きの『珈琲おたく』で、来店されるお客さんの迷惑を考える事無く、「コーヒーのウンチク」を語ったり、パンフレットを作って配布しています。

『エカワ珈琲店版、コーヒーの基礎知識』は、その「コーヒーのウンチク」の寄せ集めを1冊にまとめた電子書籍です。

 

(目次)

第1章、コーヒーノキ

(1)コーヒーノキ

(2)栽培種

(3)アラビカ種

(4)ロブスタ種

(5)コーヒーの果実

 

第2章、コーヒー生豆の生産

(1)コーヒー生豆の品質

(2)コーヒー生豆の精製処理 

(3)自然乾燥式(ナチュラル)

(4)水洗式(ウォッシュド)

(5)パルプドナチュラル (半水洗式 、セミウォッシュト)

(6)コーヒー豆の生産国

 

第3章、スペシャルティーコーヒー

(1)スペシャルティーコーヒー

(2)スペシャルティーコーヒーの調達方法

(3)スペシャルティーコーヒーて何ですか

(4)スペシャルティー自家焙煎コーヒー豆の絶対必要条件

 

第4章、認証コーヒー

(1)サスティナブルコーヒー

(2)認証コーヒー

●フェアトレード

●レインフォレスト・アライアンス(RA/熱帯雨林同盟)
●有機JASマーク

(3)フェアトレードコーヒー

(4)コモディティー(先物商品取引されるコーヒー)

 

第5章、コーヒー豆の焙煎

(1)化学的変化

(2)物理的変化

(3)焙煎コーヒー豆と色

(4)焙煎コーヒー豆と味

(5)焙煎コーヒー豆と酸味

(6)焙煎コーヒー豆と苦味

(7)焙煎コーヒー豆と香り

(8)焙煎と香りの変化

 

第6章、焙煎コーヒー豆の購入

(1)新鮮な状態で購入する

(2)新鮮な状態で購入するのが必要な理由

(3)新鮮な焙煎コーヒー豆の見分け方

(4)焙煎コーヒー豆の鮮度と焙煎日

(5)ホールビーンコーヒーとグラウンドコーヒー

(6)生産地情報を確認してから購入する

(7)焙煎度

(8)ブレンドコーヒー

 

第7章、焙煎コーヒー豆の保存

(1)気密性の高いキャニスターに入れて冷暗所で保管

(2)焙煎日から4週間以内に消費する。

(3)焙煎コーヒー豆の冷蔵庫保存と冷凍保存

 

第8章、焙煎コーヒー豆を挽く

(1)コーヒーを淹れるには

(2)焙煎コーヒー粉の大きさと味

(3)焙煎コーヒー豆の挽き具合

(4)焙煎コーヒー豆を挽く科学

(5)コーヒーミル

(6)抽出器具と挽き具合の関係

(7)味と挽き具合の関係

 

第9章、コーヒーの抽出

(1)コーヒー抽出のメカニズム

(2)透過法と浸漬法

(3)手軽で簡単なペーパードリップ

(4)ネルドリップでコーヒーを淹れる

(5)絵になるサイフォン

(6)コーヒーもフレンチプレスで

 

第10章、美味しいドリップコーヒー、7つの極意

【極意、その1】使用する水

【極意、その2】抽出とお湯

【極意、その3】抽出温度と抽出時間

【極意、その4】ハンドドリップで淹れる

【極意、その5】淹れ方心得5箇条

【極意、その6】お湯の注ぎ方(ペーパードリップ)

【極意、その7】コーヒーブルーム

 

第11章、カリタ式コーヒーの淹れ方

(1)必要な器具・消耗品

(2)ペーパーフィルター

(3)カリタ式、美味しいコーヒーの淹れ方

 

年老いた珈琲豆焙煎屋のペンネームでセルフ出版している13冊の電子書籍は、キンドルの著者ページで確認して頂けます。

画像にリンクを貼っています。クリック、またはタップして頂ければ、著者ページに行って頂けます。