年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

リサーチノートが調査、10代~50代のコーヒーの楽しみ方が興味深い

LINEリサーチが運営する調査メディア『リサーチノート』は、2020年10月30日付けで、「コーヒー派?紅茶派?どっちが多い?」という記事を掲載しています。

その記事によると、調査対象は15歳~59歳の男女5252人で、コーヒー派は全体の7割で紅茶派は全体の3割となっています。

コーヒー派の年代別占有率です。10代でコーヒー派の占めている割合は31%ですが、20代になると60%、30代は79%で平均占有率(約7割)を上回って、40代は83%、50代は86%となっています。

research-platform.line.me

 

年老いた珈琲豆焙煎屋は珈琲屋ですから、紅茶派の動向には余り興味が無いのですが、コーヒー派の動向には興味があります。

この調査記事で大いに興味を持ったのは、コーヒー派の人たちがどのような時にコーヒーを楽しんでいるのかという調査です。

 

リサーチノートによると、コーヒーも紅茶も、「仕事/勉強/家事などの合間・休憩しているとき」、「くつろいでいる・のんびりしているとき」、「リラックスしたいとき」に楽しむ割合が高くなっているのですが、特に、コーヒーの場合、「仕事/勉強/家事などの合間・休憩しているとき」に楽しむ割合が高くなっているようです。

ということで、ラインリサーチが調べたコーヒーの楽しみ方ベスト10を転載させて頂きます。(珈琲屋には重要な資料ですから)

f:id:ekawa:20201103085045j:plain

(1位)仕事/勉強/家事などの合間・休憩しているとき

(2位)くつろいでいる・のんびりしているとき

(3位)リラックスしたいとき

(4位)気分転換したいとき

(5位)眠気ざましをしたいとき

(6位)朝起きたとき

(7位)おやつのとき

(8位)落ち着きたいとき

(9位)集中したいとき

(10位)くちなおししたいとき

 

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦は、パパママ経営の小規模な自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいます。

で、自分たちの店で自家焙煎コーヒー豆を買ってくれているお客さんは、どのような時に自分たちの店で買った自家焙煎コーヒー豆でコーヒーを淹れているのだろうかと想像してみました。

 

勉強や家事の合間はあり得ると思いますが、業務向け自家焙煎コーヒー豆の販売量はごく僅かですから、仕事の合間は皆無だと思います。

コーヒーの家庭消費をターゲットとして、自家焙煎コーヒー豆を売っているので、2位~4位も関係ありません。5位と6位は、大いに関係があると思います。7位~10位は、少しだけ関係があるかもしれません。

このように想像して行くと、街の小さな自家焙煎コーヒー豆小売店には、まだまだ未開の市場が存在しているのが理解できます。