米国の珈琲愛好家のコーヒーに対する嗜好と習慣

Peet's Coffee のNewsroomが、2019年9月19日、米国の珈琲愛好家の嗜好に関する調査結果を発表しています。

その調査結果を、Tee&Coffee (珈琲とお茶が専門)のニュースサイトが分析・紹介してくれています。

 

f:id:ekawa:20190520214854j:plain 

米国コーヒーの日を記念した調査を実施

ピーツコーヒー(Peet's Coffee)は、マーケティング調査会社OnePoll の協力を得て、米国人コーヒー愛好家2000人のコーヒーに対する嗜好と習慣を調査しています。

この調査は、2019年9月29日の米国コーヒーの日を記念する行事として実施されたようです。

 

調査内容と調査結果

アメリカの珈琲愛好家の人たちが一番重視しているのが焙煎コーヒー豆の鮮度で、調査対象者の半数以上の人たちが焙煎コーヒー豆の鮮度に高い関心を示しています。

次いで評価の対象となるのが、焙煎コーヒー豆の煎り具合(煎り方、煎り加減)と香味のプロファイルのようで、調査対象者の4割が関心があると指摘しているようです。

また、アメリカの珈琲愛好家の人たちが好むコーヒー豆の原産国は、コロンビア、ブラジル、コスタリカ、エチオピア、グァテマラ、アメリカのハワイで収穫されるコーヒー豆という調査結果が出ているようです。

 

焙煎鮮度とシングルオリジン

調査結果から、アメリカの珈琲愛好家の人たちの嗜好は、農家との関係を重視して調達するシングルオリジン(特定農園・地域で収穫されるコーヒー豆)を原料とする焙煎コーヒー豆、それも焙煎鮮度の新しい焙煎コーヒー豆を楽しむ方向に進んでいるように感じられます。(筆者の思い込みかもしれませんが)

 特に、コーヒー消費の先端を行くアメリカの珈琲愛好家の人たちの嗜好は、焙煎鮮度の新しい焙煎コーヒー豆に向かっているように感じます。(これも、思い込みかもしれませんが)

アメリカの珈琲愛好家の人たちは、例え、高価なスペシャリティーコーヒー豆を原料とした焙煎コーヒー豆であっても、焙煎日から一定以上の日にちが経過して古くなった焙煎コーヒー豆には興味を示さなくなって来ていると、都合の良い解釈かもしれませんが、年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。

www.ekawacoffee.work

 

焙煎鮮度の新しいシングルオリジンの焙煎コーヒー豆を売っています

エカワ珈琲店のPRです。生産農園・生産地域を特定できるシングルオリジンのコーヒー豆を原料とする、焙煎鮮度の良い新しい焙煎コーヒー豆を幾種類か小売販売しています。

もちろん、焙煎コーヒー豆商品には、焙煎日を表示ています。そして、美味しくお召し上がりいただける期間は、焙煎日から約1か月とさせて頂いています。

www.ekawacoffee.work