コーヒーノキ栽培の歴史は、西欧列強の植民地主義の歴史

f:id:ekawa:20190712205707j:plain

「コーヒー伝播史/関口一郎、いなほ書房」より

エチオピアの高原地帯で自生していたコーヒーノキが、イスラム圏でコーヒー飲用が始まって、人の手によるコーヒーノキの栽培が始まって、エチオピアやアラビア半島のイエメンで栽培されていたと伝えられています。そして、その後、ヨーロッパでコーヒーの飲用が始まると、インドネシアや中南米にコーヒーノキの栽培が拡がって行きました。

 

   

コーヒーノキの栽培の歴史は・・・

The New Rules of Coffee 曰く、「コーヒーノキ栽培の歴史は、植民地主義の歴史/ Rule3」です。 

考えてみれば、エチオピアの高原地帯で発見されたコーヒーノキが、熱帯地域の国々で栽培されるようになった経緯は、ヨーロッパ列強の植民地拡大と連動しているのだと思います。コーヒー豆は、今も昔も、需要な貿易商品ですから。

コーヒー豆は、西欧列強の植民地主義が拡大して行って、植民地で現地の人たちにコーヒーノキを栽培させることでグローバルな貿易商品になって行ったのだと思います。

www.ekawacoffee.work

 

コーヒー洗礼 

アラビア半島やトルコなどのイスラム教徒の飲みものだったコーヒーは、17世紀頃になるとヨーロッパにも伝播して来ます。

ローマ法王が、イスラム教徒の飲み物だったコーヒーに洗礼を授けると、ヨーロッパのキリスト教徒も瞬く間にコーヒーを飲用するようになって行きました。

熱帯地域で生育するコーヒーノキの果実の種がコーヒー豆で、そのコーヒー豆に火力を加えて焙煎して、煎り上がって脆くなったコーヒー豆を粉砕して、その粉砕物からお湯を使ってコーヒー成分を抽出して、その抽出したコーヒー成分をお湯に溶かした(or分散させた)飲み物がコーヒーです。

ヨーロッパでコーヒー飲用が拡がっても、コーヒーノキの果実の種であるコーヒー豆は、遠く離れた熱帯地域の生産地から輸入しなければなりません。

 

海外植民地でコーヒーノキの栽培が始まる

エチオピアやアラビア半島のイエメンで栽培生産されていたコーヒー豆ですが、16世紀には、世界的な輸出農産物になっていました。

17世紀になってコーヒー飲用が急速に拡大したヨーロッパの国々は、自国の海外植民地でコーヒーノキを栽培することを思いつきます。

オランダは、エチオピアから海外植民地のインドネシアにコーヒーノキを持つ込み栽培を開始しました。

フランスは、自国の植民地であるカリブ海地域の島々で、マダガスカル島から持ち込んだコーヒーノキの栽培を開始しました。 

ポルトガルは、ブラジルにコーヒーノキを持ち込み栽培を開始、大成功を収めました。

 

植民地獲得の歴史と・・・

コーヒー豆は、消費地から遠く離れた生産地で収穫する果実の種ですから、生産地から消費地までのコーヒー豆の旅には多くの人々が関わっています。

世界地図を眺めながらコーヒーノキ栽培の歴史を考えていると、 コーヒーノキ栽培の拡がりが西欧列強の植民地獲得競争の歴史と重なっているのが理解できます。

そして、世界的な貿易農産物であるコーヒー豆を得るためのコーヒーノキ栽培が、植民地の従来の地域農業に大きな変化をもたらして、植民地の人々の生活をも大きく変えてしまっただろうことに思いを馳せる今日この頃です。

 

関連ストーリー

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work