年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

スペシャリティーコーヒーに関する認識 | 年老いた珈琲豆焙煎屋の認識ですが

北米大陸のコーヒー消費金額の約半分は、スペャリティーコーヒーで消費されていると考えられています。(グルメコーヒーも含んだ数字だと思うのですが?)

日本の場合、スペシャリティーコーヒーのコーヒー消費金額に占める割合は、それほど多く無いようです。しかし、これから増加して行くのは間違いないだろうと考えています。

 

アメリカスペシャリティーコーヒー協会は、コーヒー豆のカップ評価を100点満点で採点する評価基準を設定していて、そのカップ評価で80点以上の点数を獲得したコーヒー豆をスペシャルティーコーヒーと呼ぶと定義しているようです。

評価するのは、認定を受けているQグレーダーに限るそうですが・・・。

f:id:ekawa:20180503165026j:plain 

スペシャリティーコーヒーの持つ素晴らしい香味は、コーヒー豆の生産活動に従事する生産者の努力と、購入者の正当な評価という共同作業によって作り出されるとする考え方が、世界的主流となっていると言われています。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋ですが、「スペシャリティーコーヒーて何ですか」と、お客さんから質問されれば・・・

田口護さんと旦部幸博さんの共著「コーヒーおいしさの方程式」から引用させて頂いて、「素晴らしい風味特性を持った氏素性のはっきりとしたコーヒーのこと」と答えることにしています。

 

スペシャリティーコーヒーの定義は、SCA(スペシャリティーコーヒー協会)によって規定されているわけですが、スペシャリティーコーヒーの概念は、日々、変化していて、10年前のスペシャリティーコーヒーの概念と、現在(2021年)のスペシャリティーコーヒーの概念とでは、相当な違いがあるはずです。

また、大量生産・大量消費のマス市場でのスペシャリティーコーヒーの概念と、少量生産・少量消費の市場でのスペシャリティーコーヒーの概念の間にも、相当な違いがあるはずです。

 

後者の概念では、「焙煎加工してからそれほど時間(or日にち)の経過していない、煎りたて、新鮮、香りの良い焙煎コーヒー豆」という条件が、スペシャリティーコーヒー豆を原料として使っている焙煎コーヒー豆の絶対必要条件になっていると認識しています。

 

ちなみに、年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいるエカワ珈琲店ですが、2000年代の半ば頃からスペシャリティーコーヒーの自家焙煎コーヒー豆を取り扱っています。

それは何故かというと、当時、コーヒー生豆の仕入先(総合商社の兼松)が、スペシャリティーコーヒーに特化したビジネスを展開していて、一般的なコーヒー生豆の仕入れ価格よりも、スペシャリティーコーヒーの方が仕入れ価格が安かったからです。

 

そのような理由で、一時、スペシャリティーコーヒーの自家焙煎コーヒー豆オンリーの商売をしていたのですが、2010年代になって、スペシャリティーコーヒーの仕入れ価格が高騰したので、そして、仕入先(総合商社兼松)も、色々なレベルのスペシャリティーコーヒーや、スペシャリティーコーヒーとそれほど品質レベルが変わらないプレミアムコーヒーの取り扱いも開始したので、スペシャリティーコーヒーはスペシャリティーコーヒーでも、品質評価レベルのあまり高くないスペシャリティーコーヒーやプレミアムコーヒーを主に取り扱っています。

 

エカワ珈琲店の場合、あまりにも小売販売価格が高ければ、例えスペシャリティーコーヒーを使った自家焙煎コーヒー豆であっても、新鮮なうちに売り切るだけのブランド力を持っていません。

それに、エカワ珈琲店の煎り具合の中心は『中深煎り』で、家庭向け自家焙煎コーヒー豆小売専門店ですから、トップレベルのスペシャリティーコーヒーを取り扱っても、その特徴を生かすことができません。

www.ekawacoffee.work