当ブログの珈琲関係記事以外の記事は、一部記事を除いて削除しました。メインブログの『年金だけでは食べて行けないので』に再掲載して行く予定です。

カリタの業務用電動ミルのハイカットミルは、価格的に一番お手頃、コストパフォーマンスも最高です

長年愛用して来た業務用電動ミルの調子が良く無いので、何年かぶりに業務用電動ミルを購入することにしました。(エカワ珈琲店の場合、大半は豆の姿で販売するので、挽き売りは少ないのですが・・・)

で、ネット検索で業務用電動ミルの価格を調べてみると、カリタの業務用電動ミル「ハイカットミル」が一番お手頃価格だったので、一応、カリタ社で仕様を確認した後、発注しました。

 

価格的には、大手コーヒー企業のBブランドで売られている業務用電動ミルが一番低価格で性能もそれほど変わらないのかも知れませんが、その大手コーヒー企業の社名を見たり聞いたりすると拒絶反応が生じるので、エカワ珈琲店の場合、大手コーヒー企業のBブランドは選択肢の対象から外しています。

 

ハイカットミルには、受缶がヨコ型とタテ型の2種類があります。定価(上代)は、ヨコ型が65000円でタテ型が66000円です。ヨコ型(アマゾンへのリンク)のほうが見た目が良さそうなので、今回はヨコ型を購入しました。

もちろん、アマゾンで買っても、楽天市場 で買っても、ヤフーショッピングで買っても、定価(上代)よりも相当に安い価格で購入できるはずです。(楽天市場やヤフーショッピングの場合、上代よりも高い価格の店もあるようです。注意してください。)

 

ハイカットミルは、長年愛用して来た業務用電動ミルと同じタイプの挽き方を採用していて、粉砕した焙煎コーヒー粉砕物(粉or顆粒)の揃い具合は想像以上のものがあります。粉砕物(粉or顆粒)の大きさがよく揃っているので、コーヒー成分の抽出効率も良好です。

また、1分間で500gの焙煎コーヒー豆を粉砕できる粉砕スピードは、自家焙煎コーヒー豆小売専門店(少ないのですが、挽き売りもしています)にはありがたい限りです。(大変、助かっています)

 

何はともかく、カリタのハイカットミルは、自家焙煎コーヒー豆小売専門店であるエカワ珈琲店にとっては、大変コストパフォーマンスの良い業務用電動ミルです。 

ということで、コーヒー豆自家焙煎店や大量の焙煎コーヒー豆を粉砕する必要がある業務店(喫茶店・宿泊施設・レストランなど)が自腹で購入するなら(珈琲屋さんと折半で購入する場合でも)、カリタのハイカットミルを選択するのが無難だと、コーヒー豆自家焙煎店歴30年のエカワ珈琲店は考えています。

 

勝手な思い込みかもしれませんが、業務用電動ミルは、喫茶店・カフェ・レストランなど消費者にコーヒーを売るビジネスの必需品です。ビジネスの必需品を焙煎コーヒー豆納入業者に依存するのは、あまりにも危険すぎると思います。

やはり、業務用電動ミルは自前で購入するべきだと思います。

ちなみに、数千円~1万くらいで手に入る臼歯式電動ミルで焙煎コーヒー豆を粉砕しても、焙煎コーヒー豆粉砕物の粒の大きさは揃いますが、粉砕スピードが全く違います。ハイカットミルの方が、相当に粉砕スピードが速くなっています。

 

参考or関連記事

焙煎コーヒー豆を粉砕して顆粒(or粉)の姿にすれば、コーヒーの美味しさを作り出す成分を効率よく抽出できます。その理由、焙煎コーヒー豆の表面積が増えることと、細胞と表面の距離が短くなるの2つがあると考えています。 

 

焙煎コーヒー豆からコーヒー成分を抽出しやすくするために、焙煎コーヒー豆を挽いて顆粒(or粉)変えます。この作業ですが、コーヒーの香味を左右する重要な作業です。挽き具合が違えば、コーヒーの香味も違ってきます。