【珈琲物語】年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

注目度、上昇中のカテゴリー

 コーヒー豆自家焙煎商売 

 

RTD(レディートゥドリンク)コーヒー

RTD(レディートゥドリンク)という用語は、缶やペットボトル入り飲料・紙パック入り飲料などの、購入後すぐ飲める容器入り飲料を指している用語だと年老いた珈琲豆焙煎屋は理解しています。

お茶や清涼飲料、ヨーグルト等々、様々な種類のRTD(レディートゥドリンク)が、食品スーパーやコンビニエンスストアーの商品棚に並んでいます。

その中で、一番成長が期待されているのがRTD(レディートゥドリンク)コーヒーです。

 

f:id:ekawa:20220225093954j:plain

 

クイックナビゲーション

 

RTD(レディートゥドリンク)コーヒーとは 

缶コーヒーやペットボトル入りコーヒーや紙パック入りコーヒーなどが、RTDコーヒーと呼ばれている蓋を開ければすぐ飲めるコーヒーだと理解しています。

お茶・コーヒーや清涼飲料、缶ビール等々、数多くのRTD(レディートゥドリンク)が、食品スーパーやコンビニエンスストアーの店内で販売されていて、最近は淹れたてコンビニコーヒーに押さて元気がありませんが、街中の自動販売機でも売られています。

かつて、街中の自動販売機で購入する缶コーヒーは、RTDコーヒーの代表選手のような存在でした。

缶コーヒーやペットボトルコーヒーと言ったRTDコーヒーですが、日本では淹れたてコンビニコーヒーに少し押され気味ですが、欧米や中国ではすぐ飲めるコーヒーを求めている消費者が増えているということで、RTD(レディートゥドリンク)コーヒーの人気が高まりつつあるという話も聞こえてきます。

 

家庭向けコーヒー市場で注目されているRTDコーヒー

近年、家庭用コーヒー市場で注目され始めているのが、冷やして飲むタイプのRTDコーヒーです。

家庭用コーヒー市場で、今後、一番成長が期待できるカテゴリーだとも言われています。

日本では、まだ一般的ではありませんが、コールドブリューコーヒーやドラフトコーヒーのRTD(レディートゥドリンク)が食品スーパーやコンビニエンスストアーの商品棚に並ぶのも時間の問題だと考えています。

www.ekawacoffee.work

www.ekawacoffee.work

 

消費者は、RTDコーヒーをブランドで選択する

一般のコーヒー消費者は、RTDコーヒーをブランドで選択すると考えています。

そして、そのブランドの威力ですが、営業力中心の業務卸を得意とする大手・中堅コーヒー企業よりも、マーケティングで売っているRTD(レディートゥドリンク)を得意とする飲料企業ブランドの方が優っているように感じられます。

www.ekawacoffee.work

 

RTD(レディートゥードリンク)コーヒーは、欧米や中国で急成長中

RTD(レディートゥードリンク)コーヒーは、欧米や中国で急速な成長を続けているノンアルコールカテゴリーの一つだと言われていて、RTD(レディートゥードリンク)コーヒーのブランド競争がし烈になって来ているようです。

欧米の家庭用コーヒー市場で成長が期待されているのが、コールドブリューコーヒーやドラフトコーヒーなど、冷やして飲むタイプのRTDコーヒーです。

欧米の家庭用コーヒー市場で、今後、一番成長が期待できるカテゴリーだと予想されているようです。

 

RTDコーヒーの本家

RTDコーヒーの本家は日本です。

日本では、RTDコーヒー(缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー)は、街のあちらこちらの自動販売機やコンビニエンスストアー・食品スーパーで売られています。

1980年代~2000年代の日本、街で飲むコーヒー需要は、喫茶店から自動販売機やコンビニ・食品スーパーで購入するRTDコーヒーに流れて行ったと考えられます。

1980年に店舗数10数万店を数えた日本の喫茶店は、RTDコーヒー(自動販売機で購入する缶コーヒー)の普及に反比例するように店舗数を減らして行ったわけですから。