年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

喫茶店の最大のライバルはコンビニコーヒー、ファーストフードレストランの最大のライバルもコンビニエンスストアー

コンビニコーヒーが、小規模な喫茶店やカフェの最大のライバルになっています。コンビニコーヒー登場以前は、オフィスコーヒーサービスが小規模な喫茶店やカフェの最大のライバルだったわけですが、そのオフィスコーヒーサービスも、コンビニコーヒーの影響を大きく受けているようです。

 

コンビニエンスストアーですが、今後、街のレストランの最大のライバルになって行く可能性が高いだろうと推測しています。特に、ファーストフード系レストランチェーンの市場は、現在でもコンビニエンスストアーの攻勢にさらされています。

今後、コンビニエンスストアーの店内調理システムが充実して行けば、ファーストフード系レストランチェーンとの競合が激しくなって行くのだろうと推測しています。

 

www.nrn.com

日本でもアメリカでも、コンビニエンスストアーにおける飲食メニューの充実スピードは、どんどん速くなっているように感じられます。

 

コンビニエンスストアーに市場を荒らされているファーストフード系レストランチェーンですが、ドリンクメニュー(特にコーヒードリンク)の差別化を模索する可能性もあると考えています。アメリカ喫茶店市場のシェアトップがスターバックスコーヒーで、2番目がダイキンドーナツとなっているわけですから。