年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

コーヒーブルームとコーヒーのガス

ハンドドリップ式のコーヒーの淹れ方で、ドリッパーにセットした焙煎コーヒー粉(or顆粒)にお湯を注ぐと、花が咲くときのように粉がふくらんできます。この現象をコーヒーブルームと呼んでいます。

www.ekawacoffee.work

そして、コーヒーブルームが発生するコーヒー抽出の最初の工程を、蒸らし(ブルーミング)と呼んでいます。

30秒~1分くらい焙煎コーヒー粉(or顆粒)を蒸らした後、注湯を再開すると、膨らんだ焙煎コーヒー粉(or顆粒)からブクブクと泡が出てきます。

 

焙煎コーヒー粉(or顆粒)が良く膨らんで泡立てば、使用している焙煎コーヒー豆が新鮮(焙煎後、それほど日数が経過していない)な証拠です。

日数が経過して古くなった焙煎コーヒー豆の粉(or顆粒)では、ほとんど泡立つことも膨らむこともありません。

 

焙煎コーヒー粉の膨らみと泡立ちを作り出しているのが、焙煎中に発生するコーヒーのガスです。

コーヒーのガスは、二酸化炭素ガスと数百種類以上の揮発性の香りガスで構成されています。

 

ドリップ式(特に、ハンドドリップ式)でコーヒーを淹れる時には、このコーヒーブルームの発生状況が、淹れたコーヒーの香りや風味に影響しているとエカワ珈琲店は考えています。

勢いよくコーヒーブルームが発生した時のコーヒーや、ほとんどコーヒーブルームが発生しなかったコーヒーよりも、適度にコーヒーブルームが発生した時のコーヒーが一番美味しいような気がしています。(エカワ珈琲店の場合ですが)