年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

和歌山市のお城の近くで、エカワ珈琲店という屋号の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいます。30年の歴史を持っていますが、今も昔も、夫婦2人だけで営む零細生業パパママ店のままです。そのエカワ珈琲店が発信する珈琲ニュースレターです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

消費者アンケート調査

消費者アンケート調査でこういう結果が出ています、だから、商品の値段はこれくらいにして、こういう商品をそろえることにして、このようなサービスを実施するべきです。ということで、消費者アンケート調査を分析して、それに沿った商売を実行したとしても、ほとんどの場合、上手く事が運ぶことなど有り得ないと考えられています。

 

 

マーケティングの常識として、消費者アンケート調査を全面的に信用してはいけないということになっているわけです。

消費者アンケート調査での回答ですが、事実であることは確かなのですが、事実であっても意味を持たないことが多いと考えられているわけです。

 

消費者の行動をじっくりと観察・研究した報告で、消費者の行動の大半が、無意識下で行われているという報告があります。

消費者がただ何となく使っている商品があるとして、その商品を使っている意味を消費者が回答することなど不可能なのだと思います。

 

消費者の求めているものをはっきりと消費者が自覚しているなら、消費者アンケートを信用しても差しさわりがないのですが、実際は、消費者が自己正当化して、とりあえず答えてくれているのが消費者アンケートというものの性質ですから、そのような調査結果を鵜呑みにするのは危険だということになります。

 

マーケティングにとって消費者行動の解明は重要な要素なのですが、消費者アンケート調査をその基礎に置くのは、もう時代遅れのマーケティングなのだと考えている今日この頃です。

といっても、零細生業の我がエカワ珈琲店には、消費者アンケート調査など全く関係の無いマーケティング手段なのですが。