年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

コーヒー豆自家焙煎を始めるのに必要な費用

コーヒー豆自家焙煎ビジネスを営むなら、絶対必要なのが、生産用の小型焙煎機(3kgor5kg)と原材料のコーヒー生豆、それと業務用のコーヒーミル、販売用の包材とシーラーなどだと思います。

【目次】 

f:id:ekawa:20190526170934j:plain 

コーヒー豆自家焙煎店の備品購入費用 

生産用小型焙煎機の購入価格は、昔から、ファミリーカー1台分くらいです。

コーヒー生豆を200kgくらい仕入れるとすると、10数万円~20万円くらいで、業務用(挽き売り店用)コーヒーミルは、1台5万円前後とコストパフォーマンスの良いカリタの業務用電動ミルを使うとすると、2台用意して約10万円くらいですから、300万円~400万円用意できれば、コーヒー豆自家焙煎ビジネスを開始することができます。

参考ですが、エカワ珈琲店はカリタの業務用電動ハイカットミルを使っています。粉(エスプレッソ向け)~顆粒(ドリップコーヒー向け)に対応できて、粉砕に要する時間も短いので焙煎コーヒー豆の店頭挽き売りに最適だと思います。 

店舗で小売販売中心の商売を営むなら店舗と作業所が、配達中心の商売を営むなら作業所が必要になります。

 

コーヒー豆自家焙煎店の焙煎作業

もし、焙煎コーヒー豆を月間300㎏販売するとして、3kgの生産用小型焙煎機を使用するなら、単純計算で月間100回の焙煎作業が、5kgの生産用小型焙煎機を使用するなら、単純計算で月間60回の焙煎作業が必要です。

実際は、単純計算よりも、焙煎回数が30~40%増しになります。

月に20日くらい焙煎作業に従事するとして、毎日3回~6回くらいの焙煎が必要で、1回の焙煎時間(1バッチ/1回の焙煎工程)が、冷却時間などを含めて30分~40分くらいだとすると、1日あたり2時間~4時間は焙煎に費やされます。

週休2日で1日に8時間働くと仮定すると、半分の時間はコーヒー豆の焙煎と食事タイム・休憩タイムとして消費されますから、残りの半分の時間が販売に使える時間ということになります。

 

コーヒー豆自家焙煎店の売上 

自家焙煎コーヒー豆を月間300kg販売すれば、売上は120万円~150万円くらいで、焙煎コーヒー豆の利益率を考えると、身分保障や社会保障を考慮しなければ、夫が働き妻が専業という平均的なサラリーマン家庭をちょっと上回るくらいの所得は確保できると思いますが、身分保障や社会保障を考慮すると、平均的なサラリーマンと同じくらいかちょっと下回るくらいの所得になると思います。

自家焙煎コーヒー豆を月間300㎏販売するとなると、働き手が一人というわけには行きません。夫婦2人で働く必要があります。その部分を考慮すると、平均的なサラリーマンよりも所得は相当に低くなります。しかし、平均的なサラリーマンよりも気楽に働くことができます。

ちなみに、コーヒースタンドや喫茶店を併設できるなら、その売上と利益がプラスされます。(併設しても、夫婦2人だけで十分に運営できます)

 

コーヒー豆自家焙煎店の焙煎機 

コーヒー豆自家焙煎店が使用する生産用小型焙煎機ですが、最初は3kg~5kg容量のコーヒー豆焙煎機が適当だと思います。

コーヒー豆の焙煎についての正しい知識・技術をマスターしていれば、容量の半分くらい(1.5kg~2.5数kg)のコーヒー生豆でも焙煎が可能です。

そして、経験上、5kg容量の生産用焙煎機で月間数百㎏の焙煎コーヒー豆販売量にも対応することが可能です。

500g~1kg容量のコーヒー豆焙煎機だと、2台用意したとしても、生活可能なだけの焙煎コーヒー豆を売るとなると、相当に忙しいと思います。

500g~1kg容量のコーヒー豆焙煎機は、喫茶店中心のビジネスをするには最適だと思いますが。

 

地方都市のパパママ経営の珈琲豆焙煎屋の場合は

地方都市でパパママ経営の零細小規模な自家焙煎コーヒー豆小売専門店は、1990年頃に購入した富士珈機(フジローヤル)の直火式生産用小型焙煎機5kgタイプを使っています。(30年近く稼がせてもらっています)

ということで、5kg容量の生産用小型コーヒー豆焙煎機なら、これまでの実績などを考えると、現時点(2018年10月14日)で、富士珈機(フジローヤル)の5kg容量の生産用小型コーヒー豆焙煎機が一番無難なような気がします。

 

関連記事or参考記事

(1)エカワ珈琲店のコーヒー生豆購入先探しの旅

自家焙煎コーヒー豆小売商売の成否は、購入する生産用コーヒー豆焙煎機とコーヒー生豆の仕入先によって決まると、これまでの経験上、そのように考えています。

(2)地方都市の小さなコーヒー豆自家焙煎店はどのような仕事をしているのだろうか

ある地方の中核都市でパパママ規模の零細小規模なコーヒー豆自家焙煎店の仕事の仕方を紹介しています。

(3)地方の中核都市に立地するとあるコーヒー豆自家焙煎店30年の大雑把な軌跡

 年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦は、家族営業の小さな軒先店舗の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を、もう彼此30年間くらい営んでいます。