伝統的な喫茶店商売から新しい喫茶店商売へ変わって行かなければ生き残れないかも

喫茶店チェーンには勢いがありますが、フルサービスで個人経営の喫茶店には元気がありません。

何故なのだろうと考えると、喫茶店産業がブランドビジネスの時代になっているという答えが導かれます。喫茶店チェーンのブランドに、個人経営の喫茶店が太刀打ちできるはずがありませんから。

 

   

個人経営でフルサービスの喫茶店の弱点

通りすがりなら、喫茶店チェーンの方が利用し易いかもしれませんが、地域住民なら、個人経営の喫茶店の方が居心地が良いはずです。それが、個人経営の喫茶店の弱点にもなっているような気がします。

フルサービスで個人経営の喫茶店の場合、その居心地の良さに比べて客単価が低すぎるのだと思います。極端な話、雰囲気の良い快適な環境下で、400円~500円のコーヒー1杯で、1時間でも2時間でもくつろげるわけですから。

www.ekawacoffee.work

 

小さな喫茶店は儲からない、だから閉店して行く

個人経営の小さな喫茶店の経営者ですが、朝から晩まで休み無く働いて、手にする報酬はそれほど多くありません。それに、収入は不安定で、人件費や家賃を支払っているのなら、赤字になってしまって借金が膨らむことも有り得ます。

利権商売でも無い限り、楽して儲かる商売などまず有り得ないのですが、同じ労働量・労働時間なら、収入が安定していて報酬が高いに限ります。ということで、個人経営の喫茶店は減り続けているわけです。 

www.ekawacoffee.work

 

伝統的な喫茶店のビジネスモデルは 

おそらく、もう、伝統的な喫茶店のビジネスモデルは、儲からないビジネスモデルになってしまっているのだと思います。

でも、アメリカでは、個人経営の喫茶店・飲食店は結構儲かっているみたいですから、日本でも、少しだけビジネスモデルを変更すれば、儲かるビジネスに変身する可能性があるかもしれません。

限られたスペースを最大限に利用するということで、主力商品のあり方、店の周辺で暮らしている、あるいは働いている人々の生活を、もう一度じっくりと調査研究して、喫茶店商売を再構築する必要があるのかもしれません。

www.ekawacoffee.work

 

自家焙煎珈琲豆小売店で立ち飲みコーヒーというビジネスモデルはどうだろうか

ということで、地方の中核都市である和歌山市で零細生業パパママ規模の自家焙煎珈琲豆小売ビジネスを営むエカワ珈琲店ですが、自家焙煎珈琲豆小売プラス立ち飲みコーヒーの珈琲専門店というビジネスモデルに挑戦してみようかと考えて、只今、色々と検討している今日この頃です。

エカワ珈琲店の店舗ですが、喫茶店営業許可を取得しているので、いつでも立ち飲みコーヒーに参入できるのですが、夫婦2人ともに怠け者なのでなかなか踏ん切りがつきません。