年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

おちゃのこネット、JIMDO(ジンドゥー)、ラクスルは、エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆販売用ツールです

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいる零細生業パパママ店「エカワ珈琲店」は、2002年9月頃からホームページを開設公開しています。

プロバイダーでもあるJCOMの無料サービスを利用して、ホームページビルダーというソフトウェアーを使って作成していました。(当時は、クラウドサービスは存在していません)

 

このホームページに商品価格表を掲載して、メールで注文を受け付けていたのが、エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆通信販売の始まりです。

2000年代の中頃、毎月500円で利用できる『おちゃのこネット』の存在を知りました。

早速、『おちゃのこネット』で自前のオンラインショッピングサイト作成に挑戦したのですが、これがものすごく簡単で、あっという間に自前のオンラインショッピングサイトをオープンさせることができました。

f:id:ekawa:20191021104505j:plain

『おちゃのこネット』は、クラウド型のショッピングサイト作成システムですから、自前のホームページ(ウェブサイト)にショッピングカートを設置するのと比べると、機能的に優れています。また、色々な決済システムとも連携しています。

ブログやホームページ(ウェブサイト)などに、簡単にショッピングサイトのカートを貼り付けることもできます。

おちゃのこネットの場合、簡単に会員制ショッピングサイトを構築することができます。そして、会員種別に応じた価格設定や商品設定も可能です。

『おちゃのこネット』に興味があるなら、コチラのぺージから「おちゃのこネット」のサイトを訪問してみてください。

 

エカワ珈琲店のホームページ『珈琲情報館』は、クラウド型ホームページ作成サービス『 JIMDO(ジンドゥー)』を利用して作っています。

 

『 JIMDO(ジンドゥー)』を利用するようになったのは2010年前後だったと記憶しているので、彼此10年近く利用しています。

出会いを作ってくれたのは、あのgoogleです。2年間無料で『 JIMDO(ジンドゥー)』を利用できるというキャンペーンに釣られて使い始めました。

 

ホームページビルダーを使ってホームページを作成するのと比べると、ものすごく簡単に作成・修正ができます。

2年間の無料体験期間中に離れられなくなってしまって、有料で『 JIMDO(ジンドゥー)』を利用するようになった次第です。この時に、初めてドメインを取得しました。

ekawacoffee.jp のドメインです。現在(2020年)、ドメイン料金を年間6000円支払っています。(ドメインの面倒もジンドゥーがしてくれます。)

 

『 JIMDO(ジンドゥー)』に興味があるなら、コチラのぺージから『 JIMDO(ジンドゥー)』のサイトを訪問してみてください。

 

印刷の『ラスクル』は知っていましたが、去年(2019年)の秋までは、利用したことが無かったわけです。

お客さんが喫茶店を開店するということで、開店時に配布するパンフレットを頂戴して、その時の会話で『ラクスル』の存在を認識しました。

で、早速パンフレット作成を体験してみたのですが、パンフレット作成の簡単さ、出来栄え、印刷価格ともに、その昔にパンフレット作製の経験を持っている年老いた珈琲豆焙煎屋には、大満足の代物でした。

 

ということで、去年(2019年)の11月頃から、『ラクスル』を自家焙煎コーヒー豆の販促に活用しています。

『ラクスル』に興味があるなら、コチラのページを経由してラスクルのサイトを訪問して頂ければ幸いです。