年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

イタリア式コーヒーの次は日本式コーヒーかもしれない

2010年12月19日に書いた記事の再掲です。

 

   

英語版wikipediaの「third wave coffee」に登場する、アメリカ第3の波系コーヒー企業ビッグスリーの一つ『カウターカルチャーコーヒー』ですが、日本のアイスコーヒーやハンド・ドリップコーヒーに相当な興味を持っているのかもしれません。

「日本式アイスコーヒーの作り方」や「ハンド・ドリップコーヒーの淹れ方」といった学習ページをWEB内に作っています。(2010年12月のWEBサイト内)

 

 

あのスターバックスは、イタリアのエスプレッソを導入して大成功しました。

そして、只今売り出し中の「サード・ウェーブ・コーヒー」系のコーヒー企業は、『カウンター・カルチャー・コーヒー』だけでなくて、どのコーヒー企業も、日本式のハンド・ドリップ・コーヒーやサイホンコーヒーに興味を持っているみたいです。

 

タカヒロ IH対応 コーヒードリップポット 0.9L 18-8ステンレス 化粧箱入

タカヒロ IH対応 コーヒードリップポット 0.9L 18-8ステンレス 化粧箱入

 

 

第3の波系コーヒー企業のショッピングカテゴリーには、ハリオや新潟県燕市のタカヒロの製品が掲載されています。

 

スターバックスの成長とともに、イタリア生まれのエスプレッソコーヒーが世界的に大流行したわけですが、今度は、アメリカの第3の波系コーヒー企業の成長とともに、日本式のハンド・ドリップコーヒーやサイフォンコーヒーが流行するのかもしれません。

 

 

www.ekawacoffee.jp