年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

カリタのペーパーフィルター | カリタの紙フィルター

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいるエカワ珈琲店では、ハンドドリップでコーヒーを淹れて飲んでいます。

時々、コーヒーを淹れた時の味を点検する目的で、ペーパーフィルターを使うコーヒーメーカーでコーヒーを淹れて飲むこともあります。

ハンドドリップかドリップ式のコーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れる消費者向けに自家焙煎コーヒー豆を小売り販売しているわけですから、ペーパーフィルター(紙フィルター)を使ってコーヒーを淹れるのは、ごく当たり前の日常となっています。

 

エカワ珈琲店のペーパーフィルター(紙フィルター)仕入れ先は、カリタ社です。

10何年か前くらいまでは、メリタやサンヨーのペーパーフィルターも仕入れていたのですが、その仕入れルートも無くなってしまっています。

小規模零細な自家焙煎コーヒー豆小売店が、カリタ社と直接取引しているのは、卸売り業者から仕入れる手段が無いからです。

店舗で買ってもらう分だけの仕入れですから、できれば、卸売り事業者から仕入れるのが合理的なのですが、その手段を持っていません。ですから、カリタ社から現金仕入れで売ってもらっています。

 

そんなこんなで、10数年間に渡ってカリタ社のペーパーフィルターだけを使い続けています。

カリタ社のペーパーフィルターに限りませんが、ペーパーフィルターには、漂白をしている白色のペーパーフィルターと漂白をしていないブラウン色のペーパーフィルターがあります。

エカワ珈琲店の場合、後者の漂白をしていないブラウン色のペーパーフィルターを仕入れています。

 

どちらが優れているということでも無いのですが、エカワ珈琲店の場合、ブラウン色のペーパーフィルターを好むお客さんが多かったので、自然に、ブラウン色のペーパーフィルターを仕入れるようになりました。(色々と仕入れても売り捌く能力が無いので)

エカワ珈琲店は、零細生業パパママ経営の自家焙煎コーヒー豆小売専門店ですが、アマゾンマーケットプレイスに自家焙煎コーヒー豆を出品しています。

しかし、カリタのペーパーフィルターは出品していません。理由は、出品しても儲けられないからで、下手をすれば赤字になってしまうからです。

 

カリタのペーパーフィルター(紙フィルター)は、アマゾンで、下の商品リンクページで確認できる価格で販売されています。到底、エカワ珈琲店などは太刀打ちできません。