年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

コーヒードリンクの種類 | 100種類以上、バリュエーションを加えると1000種以上

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいる「エカワ珈琲店」の前身は、昭和30年(1955年)創業の純喫茶店です。

年老いた珈琲豆焙煎屋の母親が創業した、地方の町のビジネス街の小さな喫茶店でした。

その後、純喫茶店商売が成り立たなくなってしまって、コーヒー豆の自家焙煎を開始して、平成元年(1989年)の夏、自家焙煎コーヒー豆小売専門店に衣替えしました。

www.ekawacoffee.work

 

その頃、世界中の人々が飲んでいるコーヒーの種類は100種類くらいあって、それぞれのバリュエーションを数えると1000種類くらいになるだろうと言われていました。

その後も、色々な種類のコーヒードリンクが登場しているわけですから、まさしく「コーヒーは文化」なのだと思います。

相当なコーヒー愛好家であっても、その生涯ですべての種類のコーヒーを味わうことは無いだろうと言われています。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋は70歳です。そのうち、60何年間、コーヒーのある生活をしていますが、ドリップで淹れるコーヒー以外の種類のコーヒーを飲んだ経験はそれほどありません。

サイフォンコーヒーとエスプレッソコーヒー、スターバックスで売っているコーヒードリンク、それとインタスタントコーヒーくらいのものです。

 

コーヒードリンクについて、それくらいの知識・経験しかありません。

ペーパードリップでコーヒーを淹れる技術については、ある程度の技術レベルに達していると自負していますが、それ以外のコーヒー淹れる技術レベルは相当に劣ります。

しかし、珈琲屋商売をしているわけですから、コーヒードリンクに関する基本的な知識は持っているつもりです。

ということで、年老いた珈琲豆焙煎屋が案内するコーヒードリンクガイドをご覧ください。

 

ブラックコーヒー

昭和のコーヒー、その基本はブラックコーヒーでした。

まず冷たい水を飲んで、最初の一口はブラックで味わい、次に適量の砂糖を加えて、さらに好みによってミルクを加えて飲むという味わい方が、昭和のコーヒー愛好家のコーヒーの味わい方でした。

ブラックコーヒーは水とコーヒーの成分で構成されているコーヒーで、昭和のコーヒー愛好家たちは、コーヒーの究極はブラックコーヒーにあると考えていました。

年老いた珈琲豆焙煎屋は、今でも、コーヒーの究極はブラックコーヒーにあると考えています。

 

クリーム、ミルク、砂糖、シロップ、ハチミツなどの追加成分を加えると、コーヒーの自然な風味・香りを覆い隠してしまいます。

そうすると、良質のコーヒー生豆を使って小型の業務用ドラム式コーヒー豆焙煎機で丁寧に焙煎加工した自家焙煎コーヒー豆の持つ風味・香りを楽しんでもらえなくなってしまいます。

ブラックコーヒーは、幾つかの淹れ方、作り方が知られています。そして、淹れ方・作り方が違えば風味・香りも違ってきます。その幾つかを、以下に書き出してみました。

 

(1)エスプレッソ

「9気圧、90度、30秒」で醸造する濃厚なブラックコーヒー。

(2)インスタントコーヒー

コーヒーパウダーにお湯を注いで、お湯にコーヒーパウダーが溶けるまでスプーンで攪拌して作るブラックコーヒー。

(3)サイフォンコーヒー

サイフォンメーカーという焙煎コーヒー粉とお湯を混ぜ合わせてコーヒー成分を抽出して、ろ過して作るブラックコーヒー。

(4)コーヒーメーカーで淹れるドリップコーヒー

世界で最も人気のある家庭でのコーヒーの淹れ方、それは、コーヒーメーカーを使ってペーパーフィルターでろ過して淹れるブラックコーヒーです。

(5)ハンドドリップで淹れるコーヒー

ペーパーフィルターを使って淹れるブラックコーヒーと、布フィルターを使って淹れるブラックコーヒーが知られています。

 

 

 

ホワイトコーヒー

 

これらのタイプのコーヒーは、酸味とカフェインの濃度が低いため、午後または夕方の時間帯に消費するのに最適です。

ここでは、エスプレッソとミルクを組み合わせてコーヒーの種類を見てみましょう。

これらの様々なミルクベースのコーヒーの違いは、冷たい牛乳と蒸し牛乳、および甘味料の使用です。

 

冷たいコーヒー

 

アレンジコーヒー

 

 

 

 

エスプレッソコーヒー

イタリアのディーバは、接地されたコーヒー豆を通して高圧蒸気を強制することによって作られたコーヒーの中で。
結果?上においしい泡と厚いコーヒーの質感。

ドッピオコーヒー

イタリア語で「ダブル」という意味は、シンプルなダブルエスプレッソショット
で、ダブルスパウトでポルタフィルターを通過するコーヒーで作られています。

リストレット

■エスプレッソコーヒー

これはいわゆる「ショート」
エスプレッソの一種です。それは通常
のエスプレッソのように作られていますが、水の半分の量を使用しています。

アメリカーノ

■エスプレッソ

エスプレッソの少し軽い食感を好む人は誰でも - ボイラ!アメリカーノは、大きなコーヒーカップで提供される水のより多くの量を持つ弱いエスプレッソです。

ドリップコーヒーコーヒー

TDripコーヒーは、挽いたコーヒーの上に熱湯を滴下する遅いプロセスの間に作られた強いものです。

注ぎ口
コーヒー

本物の芸術作品!このタイプのコーヒーは、挽いたコーヒーを取り巻く
水を絶えずリフレッシュすることによって作られています。このプロセスの3つの段階は、コーヒーのユニークな味と品質を追加します。

ロングブラックコーヒー

アメリカーノのより強いバージョンは、少量の水の上にエスプレッソの2ショットを注ぐことによって作られています。

イマージョン醸造コーヒー

作る時間を作る喜び
- このタイプの飲料は、しばらくの間、彼らが急な沸騰したお湯に敷地を浸すことによって作られています。これは、最終的な味がより豊かになります。

エアロプレスコーヒー
このタイプのコーヒーの独特の味は、特別な装置を使用して達成されます。チューブに
紙フィルターを入れることで、コーヒーを約1分間浸し、プランジャーでフィルターを通します。

インスタントコーヒー

簡単 & 迅速 - このコーヒーは、単にコーヒーパウダーの上にお湯の所望の量を注ぎ、溶解するまで攪拌することによって作られています。

防弾コーヒー

二日酔いのお気に入り、これはバター全体の大さじ2とココナッツオイル大さじ1杯とコーヒーやエスプレッソを組み合わせたものです。

トルココーヒー

伝統的なトルココーヒーは、dzezva(cezve)と呼ばれる鍋で調理されています。

水は沸騰するまで鍋で加熱され、その後、挽いたコーヒーが内部に入れられます。

少しステアリングした後、それは多くの場合、上部に余分なクリームを得るためにすぐに再加熱されます。

コーヒーパウダーの残りは、コーヒーが濾過されていないので、あなたのカップに滞在します。

パンダ目エスプレッソコーヒー

これは、オプションのミルクまたはクリームと通常のドリップコーヒーに追加エスプレッソの2〜3ショットを追加することによって作られています。

カプセルコーヒー

これらは、カプセルエスプレッソマシンを使用して醸造される事前粉砕と密封されたコーヒーやエスプレッソを含む特別に作られたカプセルです。

コーヒーバッグ

コーヒーやエスプレッソの新しい形は、コーヒーの方法を注ぎ、コーヒーの敷地をろ過するために使用するように設計されたフィルターバッグに入れられます。

デカフェコーヒー

コーヒー豆全体を蒸して膨らませた後、カフェインを引き出す溶剤を加えます。彼らはその後再乾燥しています。

滴り落ちた目エスプレッソコーヒー

これは、ブラックアイコーヒーに似たコーヒーを滴下するためにエスプレッソの3ショットを使用して作られています。

エスプレチーノミルクエスプレッソ

エスプレッソ、蒸しミルク、ココアを組み合わせて、ショットグラスで提供しています。イタリアから人気のバージョン。

グリーンコーヒー
水はグリーンコーヒー

これは、コーヒーのような味が多い

紅茶のようなコーヒーを生産するために、焙煎されていないコーヒー豆を粉砕することによって作られています。

グイド
エスプレッソ

あなたは非常に少ない砂糖を加えたエスプレッソカップで提供エスプレッソの3ショットを使用してこれを作ることができます。

 

怠惰な目
カフェインレスコーヒー
■エスプレッソ

これを作るためには、カフェインレスコーヒーに
エスプレッソの2〜3ショットを追加します。
赤目コーヒーの弱いバージョン。

 

モカポット

■エスプレッソ

これは、より豊かな味のコーヒー
を作るためにコーヒーやエスプレ
ッソを強制するために圧力を使用する醸造ポットです。

 

レッドアイ
コーヒー
■エスプレッソ

エスプレッソのシングルショット

を加えたドリップブリューコーヒーの標準的なマグカップ。

 

サイフォン
コーヒー

この醸造方法は、水
を醸造容器に押し
込む圧力を使用する強力なテイ
スティングコーヒーと、完成したコーヒーを濾過するための真空を生成します。

 

ノンミルクベースのコーヒードリンク

カフェ コン ヒエロ

■エスプレッソ

この飲み物は、多くの場合、砂糖と混合し、氷の上に注がれたエスプレッソのシングルまたはダブルショットです。

 

カフェ クレマ

■エスプレッソ

これは本質的に、より多くの水がカップに渡され、アメリカーノに似ている長いエスプレッソです。

 

カフェ ゾロ

■エスプレッソ

ダブルエスプレッソと水を混ぜ合わせて熱いお召し上がりください。

 

ルンゴ

■エスプレッソ

これは、水の2倍の量でエスプレッソのショットで作られています。また、アメリカーノに似ていますが、より洗練された味で考えることができます。

 

ミルクベースのコーヒー

 

 

 

 

デカフェコーヒー

コーヒー

コーヒー豆全体を蒸
して膨らませた後、カフェインを引
き出す溶剤を加えます。
彼らはその後再乾燥しています。