町に奉仕する商売

街中で営業している流通小売の店や飲食店ですが、基本的には、その町に奉仕する商売なのだと思います。

ですから、商売の基本型は、地域密着型ということになります。

 

地域密着型の商売は、その町の人口や年齢構成・商売の競合状況など、その町の需要構造の影響を受けます。

そして、チェーン企業の小売店・飲食店も、個人経営の小売店・飲食店も、同じ商環境の中で商売を営んでいます。

 

地域密着型の商売の世界は資金力・営業力で勝負する商法が通用する世界ですから、それらに劣る小規模な小売店・飲食店は競合に負けてしまって、商売の世界から退場を迫られたりするわけです。

 

企業が開発する近代的な商業施設やチェーン企業の小売店・飲食店の攻勢によって、街中の商店街は、シャッター商店街になってしまったりしているわけです。

資金力・営業力を背景とした地域密着型商売に、小規模な小売商店・飲食店の貧弱な地域密着型商売が太刀打ちでき無かったということだと考えます。

 

小規模な小売商店・飲食店の集合体である商店街でも結構繁盛しているところもあるのですが、それらの商店街は観光地化した商店街です。

地域密着の商売をしているわけではなくて、観光商売を営んでいます。

町に奉仕する商売ではなくて、町を構成する商売をしているわけです。

 

町を構成する商売の場合、その町の需要構造の影響を受けるとしても、ほんの僅かです。

ということで、零細な個人商店の我がエカワ珈琲店は、町に奉仕する商売の比重を減らして、町を構成する商売の比重を多くする必要があると考えているのですが、昔の成功体験が邪魔をして思うようには事が運んでいません。

 

町を構成する商売と言っても、製鉄工場や化学薬品工場や精密機器工場のような大それたモノではなくて、通信販売や遠方から来店してくれるお客さんを増やそうと試行錯誤しているわけなのですが。

 

とは言っても、町に奉仕する商売には魅力があります。

考えてみれば、地域の一般顧客に限定して町に奉仕する商売を営んでいるから、資金力・営業力を持つ大手・中堅企業に痛めつけられいるわけです。

 

だとすれば、もっと幅広い顧客をターゲットにして町に奉仕する商売を営めば、大手・中堅企業の攻勢に耐えられるのかもしれません。

大きな組織では不可能な『町に奉仕する商売』を営めば、問題が解決するかもしれません。