最高品質の焙煎コーヒー豆を適正なお手頃価格で

20年くらい前の昔、我がエカワ珈琲店が自家焙煎のコーヒー豆を売り始めた頃、毎日がバーゲンセールというキャッチフレーズを採用していました。

ようするに、薄利多売をモットーとする、コーヒー豆の安売り店だったわけです。

その頃、ここ和歌山市内で、コーヒー豆の小売専業店というのは、百貨店のコーヒー豆売り場を除くと、我がエカワ珈琲店だけだったと思います。

 

和歌山市内のビジネス街、官庁街という立地の良さと、めずらしさと、それに、値段の安さ、煎りたて新鮮なコーヒー豆という品質の良さのおかげで、初期の頃、売り上げが急激な勢いで増え続けたものです。

 

その後は、競争が激化して、売り上げの低迷、そして減少という道をたどって行きました。

しかし、毎日がバーゲンセールという安売り商法を、数年ほど前まで継続していましたから、「どん底」の経営状態を経験することになってしまったわけです。

 

現在のエカワ珈琲店は、「適正価格」という言葉を大事にしていて、薄利多売という商法と完全に決別しています。

おかげでさまで、「どん底」の経営状態からも脱出することができて、コーヒー豆の販売量は減少を続けているのですが、、経営状態は上向きつつあります。

 

エカワ珈琲店の場合、いい加減な品質の良くない商品を安く販売していたわけではありません。

最高品質の商品を、安く販売していたわけです。

 

ですから、同質化競争に巻き込まれるような商売をする必要がなかったのですが、ついつい、競合相手が登場したことで、競合が厳しくなってしまったと錯覚してしまって、さらに、コーヒー豆の販売価格を値下げしたり、附帯サービスを強化したりしたわけです。

その結果、売り上げと利益が減少してしまって、最悪の経営状態に追い込まれてしまいました。

 

最高品質のコーヒー豆を、できるだけ低価格で販売していたのですから、同質化競争なんてものに巻き込まれて、さらに販売価格を値下げしたりすれば、経営が成りたたなくなるのは当然のことなんですが、その当然のことに気づくのに長い年月を必要としてしまいました。

 

現在のエカワ珈琲店は、高品質のコーヒー豆を適正なお手頃価格で販売する店に様変わりしています。

もう二度と、同質化競争なんかに巻き込まれて、丁寧に焙煎加工した高品質のコーヒー豆を必要以上に低価格で販売することなど有り得ません。

低価格で販売することは有り得ませんが、必要以上に高い価格で販売することも有り得ません。

 

我がエカワ珈琲店は、自家焙煎したコーヒー豆に愛着を持っていますから、我が愛するコーヒー豆を適正価格なお手頃価格で売り続けたいと考えています。

我が愛するコーヒー豆を、できるだけ数多くの人たちに楽しんで頂けたなら最高に幸せですから。