目に見えない何か

コーヒー豆については、間違いなく、供給が需要を上回っています。

ですから、何もしないで、お客さんがコーヒー豆を買いに来てくれるのを待っているだけでは、コーヒー豆が売れることなど有り得ません。

 

ということで、コーヒー豆を売るためのマーケティングが必要になるわけです。

で、そのマーケティングですが、「作ったモノを売るのではなくて、売れるモノを作る」という手法が、いちばん手っ取り早い手法だと思うのですが、そのためには、綿密な市場調査が必要です。

 

綿密な市場調査によって、お客さんの欲しているモノを調べる必要があるわけです。

そして、市場調査の結果、お客さんの欲しているモノが判明するのですが、それは、もうすでに市場に存在しているモノの中のどれか、ということになるわけです。

 

そして、そのお客さんの欲しているモノについては、すでに市場に存在していて、売れているわけですから、誰でも、その売れるモノを見つけることができるわけです。

そうすると、同質化競争の結果、厳しい価格競争に巻き込まれてしまいます。

 

そのような市場調査を実施できて、厳しい競争に勝ち残れるのは、資金力・営業力のある大手企業・中堅企業だけです。

おそらく、我がエカワ珈琲店のような零細生業の個人事業者は、「売れるモノを作る」という発想を持ってはいけないのだと思います。

 

「売れるモノを作る」のではなくて、「作ったモノを売る」という方向で生き残りを模索しなければと思っているのですが、その手法、『目に見えない何か』を探し出すのに苦労している、今日この頃です。

「目に見えない何か」を見つけ出せるかどうかは、エカワ珈琲店の編集能力に大きく依存するわけですから、ストーリーを作り出す能力を磨く必要があるのだと思っています。