年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

食品を吸湿させないための配慮

乾燥食品はもちろんのことですが、普通の食品であったとしても、吸湿しやすい性質を持っています。

そして、吸湿が、その食品の悪変や腐敗の原因になるということは、よく聞く話です。

 

だから、食品を吸湿から守ることが必要になってきます。

一番安全な保存方法は、ビン・カン・合成樹脂容器などの、水蒸気の透過し難い容器に密封して吸湿材を入れておくという方法です。

 

しかし、乾燥食品の場合、吸湿する力が強いので、相当に吸湿力の大きな吸湿材でなければ実用に耐えることができないと考えられます。

ということで、乾燥食品の保存には湿度の少ない場所が適しているのですが、高温多湿の日本の夏に、その条件をクリアーする場所といえば冷蔵庫か冷凍室ということになるのだと思います。